これで完璧♡GENERATIONSメンバーのキャッチフレーズ完全版!!

大人気グループGENERATIONSのキャッチフレーズをご存知でしょうか?なにわのBaby Face、尼崎の雑草男、ど根性みかん、次世代のタイトホクロ、コモリさん、関 ロメンディー(ろめんでぃー)、NALLY。全てかつて週刊EXILEで決定されたGENERATIONSのキャッチフレーズです。先輩たちがつけてくれた個性的なキャッチフレーズばかりですが、一体どういった理由から名づけられたのでしょうか。そこで、気になるGENERATIONSのキャッチフレーズの由来について調査してみました!

GENERATIONSのキャッチフレーズ

なにわのBaby Face、尼崎の雑草男、ど根性みかん、次世代のタイトホクロ、コモリさん、関 ロメンディー(ろめんでぃー)、NALLY。

この全てが週刊EXILEで決定したGENERATIONSのキャッチフレーズなのは有名な話ですよね。

最近GENERATIONSのファンになった方も、もっとGENERATIONSについて知りたいという方も、キャッチフレーズを知ってGENERATIONSについて更に詳しくなっちゃいましょう!

GENERATIONSの関連記事はこちらから!

GENERATIONS/なにわのBaby Face

来年公開映画「兄に愛されすぎて困ってます」 略して"兄こま"✨✨ 限定版ムビチケを、SPEEDSTERの横浜公演、代々木公演の会場でご購入頂けます🔥🔥 兄こまに関わるもので 皆さんに初めて手にとって頂けるものなので、 是非ともこの機会にチェックしてみてください✨ #兄に愛されすぎて困ってます #Repost @anikoma_movie with @repostapp ・・・ 明後日11/30(水)より発売開始となる<“お兄”ピンショット限定ムビチケ>で使用されているお兄の1ショット写真を公開✨ムビチケの詳細は「兄こま」公式サイトをチェックしてみて下さい💕
#兄こま #お兄 #片寄涼太
#GENERATIONS
#映画
#兄系イケメンズフェスティバル

A post shared by RYOTA KATAYOSE/GENERATIONS (@ryota_katayose__official) on

GENERATIONS片寄涼太さんのキャッチフレーズは「なにわのBaby Face」。

片寄涼太さんの出身が大阪府なことと、多くのファンを虜にするそのかわいらしい甘いルックスから「なにわのBaby Face」というキャッチフレーズになったことは想像に難くないですよね。そのBaby FaceはGENERATIONSイチではないでしょうか。

それにしても、このふたりのツーショットはズルイ♡

GENERATIONS/尼崎の雑草男

GENERATIONS数原龍友さんのキャッチフレーズは「尼崎の雑草男」。

数原龍友さんの出身が尼崎なことと、真面目で芯の通った性格、歌にかける情熱を考えると「尼崎の雑草男」とはぴったりなキャッチフレーズではないでしょうか。その情熱は、歌手になりたくて高校を中退したほどなのです。

また、数原龍友さんの歌声はなんとATSUSHIさんの墨付き。そんな尼崎の雑草男がキャッチフレーズの数原龍友さんがボーカルを務めるGENERATIONSは頼もしい限りです。

GENERATIONS/ど根性みかん

Thanks LA💨 Next➡️🗽

A post shared by Alan Shirahama 白濱亜嵐 (@alan_shirahama_official) on

GENERATIONS白濱亜嵐さんのキャッチフレーズは「ど根性みかん」。

愛媛出身で、美味しいみかんを見分けることが得意と言ったことから橘ケンチさんに名づけられました。また白濱亜嵐さんはとても根性があるということも、この「ど根性みかん」というキャッチフレーズがついた理由のようです。

その為みかんの小物を持っていたり、SNSの名前に「みかん」がついているGENERATIONSファンの方は、たいていキャッチフレーズが「ど根性みかん」という白濱亜嵐さんのファンだという見分け方もあるそうですよ。

GENERATIONS/次世代のタイトホクロ

Skrt🏎 #lamborghini #BIGCITYRODEO #GENERATIONS

A post shared by REO (@reo_sano_official_acc) on

GENERATIONS佐野玲於さんのキャッチフレーズは「次世代のタイトホクロ」。

眞木大輔さんにより決定したキャッチフレーズです。

佐野玲於さんもお気に入りの目を瞑った時にしか見えないまぶたギリギリの位置にあるタイトなホクロが由来で、次世代のタイトホクロというキャッチフレーズになったようです。

GENERATIONS/関 ロメンディー(ろめんでぃ)

GENERATIONS関口メンディーさんのキャッチフレーズは「関 ロメンディー(ろめんでぃー)」。

一見すると名前そのままかと思いますが、漢字の「口」をカタカナの「ロ」と読むところが秀逸です。

「関 ロメンディー」のキャッチフレーズは松本利夫さんが名づけたのですが、さすがのセンスですよね。

GENERATIONS/コモリさん

GENERATIONS小森隼さんのキャッチフレーズは「コモリさん」。しゃべりが達者な小森隼さんなので「タモリさん」を由来にして「コモリさん」というキャッチフレーズに決定しました。

「コモリ倶楽部とかやれば!」と言われていたので、いつかやってくれることを期待しています!!

GENERATIONSの中でもピカイチのMC力を誇る小森隼さんですので、なんと「小森亭 隼」というキャッチフレーズの候補もありました。

GENERATIONS/NALLY

GENERATIONS中務裕太さんのキャッチフレーズは「NALLY」。尊敬するELLYさんによってNALLYというキャッチフレーズが決定しました。

しかしこの「NALLY」は、キャッチフレーズではなくてニックネームでしょという声がGENERATIONSメンバーからも上がっていましたが、そこはELLYさんのかわいらしさですよね。

ほかにも「月をかけるフットウォーカー」など、かっこいいキャッチフレーズ候補もあったのですが、まるでELLYさんとお揃いのような「NALLY」というキャッチフレーズに、中務裕太さんもとてもお気に入りなようです。

GENERATIONSのキャッチフレーズまとめ

(出典:PAKUTASO)

なにわのBaby Face、尼崎の雑草男、ど根性みかん、次世代のタイトホクロ、コモリさん、関 ロメンディー(ろめんでぃー)、NALLY。

そのどれもが個性的でメンバーの特徴をよく表しているGENERATIONSのキャッチフレーズ。さすが、先輩たちが命名してくれただけはあります!

GENERATIONSのキャッチフレーズを覚えて、ライブで叫んでみてはいかがでしょうか。

GENERATIONSの記事はこちらから!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。