GENERATIONSのもうひとつの顔「ANIMAL」について徹底解剖!

2012年の11月に活動を開始し三代目JSB並みの人気を博しつつあるGENERATIONS。今回は懐かしい彼らの第2弾シングル「ANIMAL」についての情報を伝えしましょう。

GENERATIONSといえばあの綺麗な声が特徴ですよね。だからバラードはすごく心に響くし、実際GENERATIONSの曲ラインナップの中には実際バラードが多いです。しかし今回の「ANIMAL」はバラードとは正反対の曲調になっています!

是非バラード以外の曲も歌うGENERATIONSの「ANIMAL」をチェックして見て下さい!

アッパーチューンなGENERATIONSの「ANIMAL」

ANIMAL (SG+DVD)をAmazonでチェック!

クラブなどでも使えそうな今回の曲「ANIMAL」。

テンションはアゲアゲでダンスも激しくノリノリです。バラード調とは全く違うので歌詞が早いですね。しかも英語と日本語がしっかり混ざっているので、覚えるのにも一苦労。ただ物凄くかっこよい曲です。

注目すべきはやはりダンス!PVを見れば分かるのですが曲のテンポの通り激しく、ロボットダンスも取り入れていて、見ている人を魅了するようなダンスに仕上がっています。

ANIMAL (SG+DVD)をAmazonでチェック!

GENERATIONS「ANIMAL」はどんな曲?

歌詞の内容的には「ザ・肉食系」という感じ。自分達人間を動物にたとえて、本能的に、野性的になって生きていこうよ!という内容です。

歌詞のそのような内容にこのテンポが重なっているので、聞くとまるで自分が肉食動物になったかのようになるかも…?

またこの曲での「肉食」とは恋愛だけでなく、日常生活でもどんどん自分をアピールして突き進んでいってほしいという願いも込められているだとか。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。