【祝結成5周年】知られざるFlower誕生の軌跡を振り返る

結成されてから5年!初の単独ツアー「Flower LIVE TOUR 2015 “花時計”」が6月から開催予定のFlower。追加公演も決まって、ファンの皆さんも会いにいくのが楽しみですよね!

やっとこぎつけた単独ツアーということで、ファンの方は思う存分Flowerだけのライブが楽しめる!とワクワクしていることでしょう。

祝・初の単独ツアーということで、ここで改めてFlowerがどのようにして誕生したのかをチェックしてみたいと思います。

スタート当時はメンバー4人の「FLOWER」だった!

FLOWER1
(出典:音楽ナタリー)

Flowerは2011年10月にEXILEの魂を受け継ぐ本格的ガールズグループとしてデビュー。その後は武者修行でスキルを磨き、クールでセクシーなパフォーマンススタイルを確立してきました。現在は「Flower」ですが、スタート時は「FLOWER」という名前でした。

メンバーは水野絵梨奈、藤井萩花、重留真波、中島美央の4人。EXILEのライブツアーにバックダンサーとして参加したり、ビデオクリップに出演したり、女優・モデルなどで活動を続けていきます。

その4名に新メンバーが加わり、9名による新生FLOWERが誕生。その新メンバーを加えるために開催されたオーディションは大いに話題となりました。

約3万人から選ばれたメンバーで新生FLOWERに

FLOWER2
(出典:amazon)

新メンバーに加入した、ボーカル&パフォーマーの鷲尾伶菜、武藤千春、市來杏香、パフォーマーの坂東希、佐藤晴美が参加したのが、約5か月をかけて全国5都市で開催された「EXILE presents VOCAL BATTLE AUDITION 3~For Girls~」というオーディションです。

彼女たちはなんと、総勢3万人の応募の中から選ばれたメンバー。このオーディションは、EXILEのHIROさんが社長を務める芸能プロダクション「LDH」のオーディション。第1回目はEXILEのTAKAHIRO、第2回はJSBの今市隆二と登坂広臣が選ばれたことでも有名ですよね。

そして、FLOWERのメンバーを選ぶにあたって、女性を対象にしたオーディションとして3回目が開催されたという形になります。全国公募のオーディションだったため、夢を持つ女の子が殺到。応募総数が3万人という数に膨れ上がったようです。実際、メンバーの中にはEXPG生、EXPG特待生ではない子もいるので、本当に実力次第のオーディションでした。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。