新生EXILEの成功に拍車をかけた哀愁曲 Lovers Again

EXILE TRIBEとして大所帯になる直接の原因といえば、やはりATSUSHIとともにEXILEの顔として君臨していたSHUN(清木場俊介)の脱退。そこから始まった第2章でしょう。

もちろんSHUNを失ったダメージはもちろんあったものの、新メンバーのヴォーカルTAKAHIROを加入させてあきらめずに夢を追い続けた彼ら、そこで必要なのは何よりも哀愁EXILEを代表する名曲「ただ…逢いたくて」を超えるバラードヒットが必要だったのです。

そこで松尾”KC”潔とJin Nakamuraという強力なタッグでこの哀愁EXILE楽曲「Lovers Again」は誕生しました。

EXILE・TAKAHIROというニューフェイスをファンが受け入れるきっかけとなった曲

アッパーな曲だと目立たないけれど、やはり歌唱力という点ではずば抜けていたSHUNの後釜となるには、こうしたバラードで真価が問われるもの。

そしてTAKAHIROは見事にそれを成功させました。

このせつなさ無限大のサビを見事にハモリきった時点で、TAKAHIROは以前からのファンにも受け入れられたと思うのです。

「でも今は情熱が目を覚ます予感がしてる」のフレーズに何かを感じ取ったEXILEファン

これはうがった見方かもしれませんけど、ファンの中で確実に感じている人の多かった感情がこれ。

SHUNとATSUSHIの仲の良さを知るファンにとっては、ATSUSHIがひょっとしてEXILEに対して萎えちゃったんじゃないの? という不安は確実にあったんですよ。

もちろん重ねあわせるのは違うのかもしれませんが、ここで「情熱が目を覚ます予感」とATSUSHIに歌われたことによって、安心した人、少なくないんです!

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。