EXILEのメジャー前になる苦悩とは?ダンサーとしての歴史をたどる!

今やすっかり国民的なアーティストとなったEXILE。ですが、EXILEもメジャーデビューするまでにはかなりの下積み時代があり、メンバーが今のように大きくなるまでたくさんの苦労をしてきました。

今回はそんなEXILEの過去に迫ってみたいと思います。気になる方は要チェックです!

メジャーになるまでのEXILEの苦労とは…

まずEXILEという今のグループ名は存在しませんでした。現EXILEのリーダーであるHIROという人物が一言にすごい人であるという事を覚えていてほしいですね。

HIROはDADAというグループでダンサーとしてバリバリにダンスしていました。今もバリバリできるくらいの肉体ですよね。その後ZOOとしてメジャーデビューを果たすもそこではCHOO CHOO TRAINだけで終わっていました。

その後HIRO自身が自ら行動して仲間を集め、今のEXILEというグループになったのですね。その初期メンバーこそがHIRO、MATSU、USA、MAKIDAI、SASAなのです。

ダンサーとしてのEXILE活動

EXILEがボーカルの人数よりもダンサーの人数の方が多いのは、EXILEを作った本人がダンサーだから。

そんな、ダンスをするパフォーマーたちもプロフェッショナル揃い。HIRO以外の初期のダンサーのMAKIDAI、USA、MATSUは元Baby Nailというグループで伝説とまで言われていました。

そんな彼らがリーダーHIROの目にとまりEXILEのメンバーに入ることになったのです。ちなみに、今EXILEとして活躍している現役ダンサー達は全員アスリート並の体力があるのだとか。この動画を見ても分かるとおり、彼らの動きを見ていると納得してしまいますよね。


(出典:youtube)

過去のダンサーEXILEと今のダンサーEXILE、変わらぬ思い

上述したように、過去のEXILEは偶然とタイミング、行動力が重なってできました。そんな彼らですが今となって日本を代表するアーティストです。

リーダーのHIROをはじめEXILEメンバーは昔の事を今でも大事に思い活動しています。だからEXILEは日々進歩し続けているんですね。

EXILEの他のオススメ記事

新生EXILEを応援していこう!

どうでしたか?昔のEXILEの事に少しでも触れてみると今よりもっとEXILEに興味がでたのではないですか?これを思うと、今売れているアーティストも同じように苦労して今に至るのかなとしみじみ感じますよね。これからもEXILEはまだまだ前進していくので応援してみてはいかがでしょうか。

ちなみにEXILEのライブはエンターテインメントの最高峰と言っても過言ではないほど盛り上がります。気になった人はぜひライブへ!チケットキャンプではEXLEのライブチケットを取り扱い中です。ぜひチェックしてみてくださいね。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。