超ストイック!ATSUSHI 知られざるプロフィールからデビュー秘話、その魅力を徹底解説!

今や、国民的トップスターとなったEXILEのなくてはならないボーカルATSUSHIのプロフィールについて徹底解剖!誕生日、身長、年齢といった基本プロフィールから、ファンを惹きつける魅力あるキャラクターやデビュー秘話など、ATSUSHIについてご紹介しましょう。

15周年。 #EXILE #exile #エグザイル

Ryosuke Tanbaさん(@ryosuke_0927)が投稿した写真 –

今や、国民的トップスターとなったEXILEのなくてはならないボーカルATSUSHIのプロフィールについて徹底解剖!

ATSUSHIの誕生日や身長、年齢といったプロフィールから、その魅力、デビュー秘話など、たっぷりご紹介します!

ATSUSHIの基本プロフィール

本名:佐藤 篤志(さとう あつし)
出身地:埼玉県 越谷市
身長:175cm
血液型:A型
家族構成:両親、妹
出身高校:本郷高等学校
最終学歴:ESPミュージカルアカデミー

EXILE ATSUSHIの魅力に迫る!

歌唱力


ATSUSHIの魅力と言えば、何を差し置いても圧倒的な歌唱力だと言っても過言ではないでしょう。
4歳から父親の勧めでクラッシックピアノを始め、高校卒業時まで続けます。そして、高校の頃から本格的にヴォーカリストを目指すようになります。高校卒業後は、専門学校(ESPミュージカルアカデミー)でヴォーカリストとしての技術を磨いて行くのです。専門学校卒業後は、シンガーソングライターである野見山正貴に師事し、スキルを着実に磨きあげていきます。

ATSUSHIはファン思い!


ATSUSHIライブのトークに注意を傾けたことはありますか?
もう、ごくごく当たり前になっていて気づかないかもしれませんが、いつもファンに対して話すときは、敬語なのです。長年当たり前になっていて言われて初めて気がついたというファンも多いのではないでしょうか。

その理由についてATSUSHIは、お客さんの中には自分より年上の人もいるし、EXILEファンではなく、たまたま知り合いに連れてきてもらったという人もいるかもしれないし、その場に(ライブに)来てくれた全ての人に楽しんで帰ってもらいたいので、敬語で話をしているといいます。
ここまで国民的スターになった今でもこうやってお客さんのことを考え、行動する。当たり前のことかもしれませんがこの考え方は素敵ですよね。

もう一つ、ファン思いエピソードをご紹介しましょう。
ATSUSHIはライブの本番直前に絶対することがあります。観客からは見えていないことです。それは会場に向かって礼をすることです。これをしないと、心の中が本気になれないと言っています。一回一回の公演前に必ず礼をしているだなんて、過去の苦労を決して忘れず、奢り高ぶることのない姿勢の表れだと思いませんか?

EXILE  ATSUSHIの見た目と中身のギャップ?!

2016.09.05 待ちに待った日❤️9月3日❤️ 前日からソワソワ、当日無駄に早起き(笑) ドキドキして何回トイレに行ったことかっ💦 ATSUSHI 最高でした。 泣けた〜にやけた〜叫んだ!もうあんなに感動でやばかった1日はなかなかないね。 #atsushiライブ #ファイナル#札幌ドーム #お揃いコーデ#金テープ#第1章 #チームatsushi #preciouslove 最高にニヤついたね😁 #願い 涙、涙だったなぁ〜 最後の最後に来てくれたね🌟 #hiroさん #まっちゃん#usa #オリメン 最高! 余韻でしばらく行ける👍 大好き過ぎて、ラスト悲しくて仕方なかったけどまた会えると信じて頑張ろう。 ATSUSHIが好きすぎて困る自分。

tomoko.0527さん(@tomo.0324kt)が投稿した写真 –

最近は髪が伸びて少し厳つさは収まったかもしれませんが、ひと昔前の厳つい風貌には初めて見た人には、怖そうな印象を受けた人も少なくないはずですね。
しかし、そんな厳つい見た目とは裏腹に、優しく、照れ屋で穏やかな性格です。元EXILEのメンバーであった清木場俊介も、「 おっとりしてて優しい人。飲みの席でも騒いだりしなくて 」と話しています。人は見かけで判断はできませんね。見かけとかけ離れたその性格に惹きつけられるファンもたくさんいるのではないでしょうか。

ATSUSHIは超ストイック!

ATSUSHIは、これだけの歌唱力、人気を持った今でも、決して妥協はしません。

寧ろ今でもかなりストイックにトレーニングをこなしています。
しかもそのストイックさは、トレーニングだけに留まりません。ライブ後は誰しも、今日も良くやった!と最初に疲れている体を癒したいと思うはずですよね。特にEXILEのライブはフルマラソンを走る時の消費カロリーに匹敵すると言われているほどなのですから。しかし、ATSUSHIはそEXILE全体としての反省会と個人の歌に関する反省を深夜まで行います。
こういう日々の積み重ねが今の人気につながり、パフォーマンスの完成度を高めているのでしょうね。

ATSUSHIがこれだけ歌に対してストイックな理由は?

そのきっかけは、デビュー3年目の頃に、ATSUSHIの歌を聴いて、自殺を止めることを決めたという内容のファンレターを貰ったことがきっかけです。そこで、歌うことの意味を改めて考え、その意味を忘れないためのタトゥーを刻みました。
「I’m gentle and convey love―僕は愛を伝える優しい男」体にタトゥーを刻んでしまうなんてなかなかないことですよね。それほど、強烈なインパクトを受けたのでしょう。

もう一つの転機は、喉の手術

それは2005年の秋に、喉にポリープが発見されたことです。日々の練習とライブでの喉の酷使が原因だと判断されました。
歌手にとって最重要な声を失うかもしれない恐怖により、手術に踏み切るかどうかを4ヶ月も悩んだと話します。しかし、その恐怖に立ち向かい、手術を受けることにしたのです。

それによってまた、深く音楽、歌について向き合い考えたことでしょうね。そのことは、まさにATSUSHIの本当の試練だったのではないでしょうか?

他にも努力家エピソードが!

ATSUSHIの努力家であることが証明されるエピソードをご紹介しましょう。
「ATSUSHI」としてもソロデビューをしているのは有名な話ですよね。彼が目指していたのはアジアへの進出でした。

このアジアでの成功のきっかけとなったのは、フェイ・ウォンの「我願意」をカバーしたことです。この曲は中国や台湾での代表曲です。誰に聞いてもわかるような名曲だそうです。その曲全て中国語で歌いました。その曲の完成度は高く、ネイティブの方が聞いても、日本人であるATSUSHIが歌っているのではなく、中国人の方が歌っていると聞き間違えるくらい完璧な発音に仕上げてしまったのです。

もちろん、日本で中国語の個人レッスンは受講していたようですが、どうやってここまで完璧になったのでしょうか?
そのきっかけとなったのは、台湾で行われたミリアム・ヨンさんのライブに特別ゲストとして出演した時に、しっかりとその国の言語を覚えて、心で歌えば必ず伝わると実感したことだとか。

歌に対して真正面から向き合う ATSUSHIらしさがうかがえる一面ではないでしょうか?

ATSUSHIのデビュー秘話

#EXILE #ATSUSHI #ITSSHOWTIME

関口宇宙さん(@pkcz_)が投稿した写真 –

今でこそ、大きなステージで華やかに歌っているATSUSHIですが、かつては挫折の日々も経験しています。
その中でも一際大きな挫折であったのが、テレビ番組「ASAYAN」主催の男子ヴォーカリストオーディションの最終選考で落選してしまったことです。
もちろん、審査員方もATSUSHIに才能があることは分かっていましたが、この番組のコンセプトであった「可能性を持ったデュオを選ぶ」というものに当てはまらなかったのです。
人生の中であれほど悔しい想いをしたことはないというほどダメージは相当だったようです。
そんな時に、ZOOが解散し、J Soul Brothersとしてデビューするも、ボーカルの脱退によりメンバーを探していたEXILEのHIROから声をかけられます。
そのことにより、EXILEとしてデビューを飾り、夢の世界へと足を踏み入れるのです。

これからもその活躍に目が離せないATSUSHI

ほんの少しずつ ほつれていった 途切れそうな あの糸を 繋ぎ止めたのは あなたと出会えたから 誰かの優しい言葉も すべてが嘘に感じて どうせ自分なんて 生きている意味はない そんな風にずっと思っていた こんな広い世界で 自分だけ 孤独で不安だと 思っていた 少しだけ顔を上げ 見渡せば 一人じゃないと 思えたから もう涙はとっくに 枯れ果てて 素直の意味さえも 知らずにいた もうこれ以上 失うものはないから 歩こう一歩ずつ ほんの少しでいい どれだけ 小さくてもいいから ぬくもりだけを 手探りで探してた 何かを傷つけながら 生きるしか道がなくて そのたび 自分の胸の痛みを 信じることがすべてだった… こんな自分でも今 生きている そんなことをずっと 叫んでいた… 不器用でもいいから 一歩ずつ 前に進んでいくと決めたから いつの日か 誰かを愛する時 目をそらさずに 伝えてみたいよ もう逃げないで ありのままで言うよ 「ありがとう…」 「愛してる…」と… 傷ついてしまうのは 汚れているからじゃない 裸のままの心でいたから 誰かの痛みを受けとめただけ… もし あの日の自分に出逢えたら 優しく髪に触れ 伝えてみたい もう大丈夫だよ 焦らないで 一緒に歩いてみよう もし 世界一孤独を感じて 自分を大切にできなくても あきらめないで その命がある限り 光は消えないから 1番好きな歌。ソロツアーの大阪公演で声出にくいながら、泣きながら気持ちを伝えようと必死で歌ってるあつしが印象に残ってて忘れられない。 世の中があつしみたいな暖かくて優しい人で溢れてほしいなと心から願った時でした。 #exileatsushi #atsushi #hikari

かなさん(@kana_taiki24)が投稿した写真 –

今回は、ATSUSHIの誕生日などのプロフィールや魅力溢れる性格、そしてデビュー秘話までをご紹介しました。
記事を読んで初めて知ったというファンもいるのではないでしょうか?
ATSUSHIからは海外留学の発表もありましたし、ますます目が離せない存在ですね。

ATSUSHIファン必見!他のオススメ記事はこちらから

チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。