E-girlsが再編して20人体制に…今後はどうなる?

2015年が始まって一ヶ月がたち、大きなニュースが飛び込んできました。現在26人体制のE-girlsですが、それが20人体制に再編成されることが決まったのです。

そして下部組織であるRabbitsとBunniesの設置も同時に発表。再編され今後のE-girlsはいったいどうなるの?とファンをやきもきさせています。

今回はそんなE-girls再編について深く掘り下げてみようと思います。今後どうなるのか、気になりますね。

E-girls再編に当たって、これまでのE-girls

ここで、おさらいになりますが、E-girlsの編成を見てみましょう。E-girlsは3つのグループからの選抜で結成されています。それがDream,Happiness,Flowerとなっております。LDHに所属するこの3つのガールズグループから選ばれて構成されているのが、E-girlsなのです。メンバーは総勢26人でした。

とても多いですよね。一番目立っている子は金髪のAmiちゃん、AmiちゃんはDreamの所属になります。

映画「謝罪の王様」の主題歌、「ごめんなさいのkissing you」などで知名度を上げ、EXILEのDNAを受け継ぐ本気のダンスグループとして人気を博しています。紅白歌合戦にも出場し、今後も活躍が期待されているグループです。

E-girls再編!追加された下部組織って?

今後、E-girlsには、RabittsとBunniesが追加されることになりました。Rabbitsは高校生以上のメンバーが所属し、Bunniesは中学生以下のメンバーが所属。年齢が上下共に結構離れている人の多かったE-girlsの構成として、年齢という基準が追加されたのは新しいですね。

ちなみに26人から20人に減ったということで、下部組織に移動したのは武部柚那、稲垣莉生、萩尾美聖、生田梨沙、中嶋桃花、渡邊真梨菜の6名です。中嶋だけがBunniesであとはRabbitsです。

今後の活躍次第で再びE-girlsへと選抜される可能性はもちろんありますので、安心して応援しましょう。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。