Flower(E-girls)新曲「さよなら、アリス」の魅力

E-girlsとしても活動する7人組ガールズグループFlower。2010年に結成されて以来、CDリリースの度にオリコンチャートの順位をメキメキとあげている、大注目のユニットです!

そんなFlowerから、史上“最も切ない&泣ける”との呼び声高い9thシングル「さよなら、アリス」が2月18日に発売!

今回は、蜷川実花さん監督のミュージックビデオも含めて、「さよなら、アリス」の魅力にフィーチャーした特集をお届けします。

E-girls
(出典:Ok Music)

E-girlsの7人組 Flower「さよなら、アリス」のミュージックビデオ


(出典:YouTube)

まずは、Flowerの自己最高ペースで再生されているというミュージックビデオをご覧ください!

蜷川実花さんが手がけたPV・CM・映画はハズレなしと言えるほど、若い女性に大人気なのも納得。儚さと華やかさが同居した蜷川ワールド全開の一本に仕上がっていますよね。

また、登場するFlowerメンバーの衣装にも注目なんです。E-girlsとして活動するときのカラフルな衣装から一転して、真っ白のふわふわワンピース姿が極彩色の中で映えて、イノセントな雰囲気がたまらなくかわいいですよ!

E-girlsの7人組 Flower「さよなら、アリス」の歌詞に注目

“笑っちゃうくらいに 一途すぎる 恋が終わったよ
まだキミを知らない頃の ボクに戻っただけさ
キミはボクを(キミはボクを) 忘れていいんだよ
だってボクが キミのこと 忘れはしないから 永遠に(still love you)”

“もしも生まれ変わって また出逢えたとしたら
ボクたちはねえ もう一度 結ばれるかな?”

まっすぐな失恋ソングとなっていて、切なさが胸に突き刺さりますね・・・!歌詞検索ネットサービス『歌ネット』で連日1位を獲得するほど、歌詞にも注目が集まっています。

また、これまでのFlowerは女性目線の歌詞が多かったんですが、今回は一人称が「ボク」と男性目線。失恋後の未練たっぷりなこの感情は、サクッと次の恋に切り替えがちな女性よりも、男性こそ共感できるのではないでしょうか?

出会いと別れが生まれる春。一人静かに別れた恋人へ思いを馳せ、どっぷり悲しみに浸りたいときにぴったりの一曲になりそうです。

famと繋がるならシェアしよう!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。