E-girls DreamのErieのDJとしての活動とは?

EXILE一族のE-girlsのなかでも姉貴分ユニットであるDream。

E-girlsのフォトブックをプロデュースしたAya、バラエティ番組出演でお茶の間への認知度を高めているAmiといったように、メンバーそれぞれが個性を発揮しはじめています。

そんななか、E-girlsやDreamとしての本職に集中している印象が強いErieですが、DJという、もうひとつの道も歩み始めているのをご存知ですか?

Erieのキャッチフレーズの理由は?

egirls05
(出典:amazon)

dreamの追加メンバーオーディションに合格するまでは、地元・岡山県のダンススクールに通っていたErie。ダンスによって鍛えられたしなやかな身体能力は誰もが認めるところ。

そんな彼女に与えられたキャッチフレーズは「マッスルゾンビ」。「マッスル」はともかく、「ゾンビ」とは一体どういうことでしょう?

理由はErie自身がゾンビ好きであることを公言しているからなのですが、それにしてもどうしてゾンビ好きなのでしょう? 謎は深まるばかりですが、ここ数年ハリウッドを中心とした映画界や海外ドラマ業界では、ちょっとしたゾンビブームが起きているんです。元々アメリカのストリートカルチャーや流行に敏感なErie。ゾンビブームに目を付けるのも誰よりも早かったのかもしれません。

ErieのDJの実力は?

egirls06
(出典:Dreamオフィシャルブログ)

E-girlsのメンバーのなかでもErieは特に本物志向が強く、音楽やダンスそのものを追及したいという気持ちがあるのでしょう。

Erieは昨年からクラブDJとしての活動を始めています。DJというとどうしてもチャラいイメージが付きまといますが、実は音楽に対する幅広い知識と深い理解、そして機材を操る高度なテクニック、オーディエンスを熱狂させるカリスマ性までもが要求される大変な仕事です。

Dreamでの活動は14年にも及ぶErieですが、DJの勉強は昨年から始めたばかり。果たしてその実力は? 選曲は? と、ファンならば気になるところですよね!

famと繋がるならシェアしよう!

みんなのコメント(コメント:2)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。