E-girls石井杏奈が青春映画「ガールズステップ」に主演!

NHKのドラマで主演が決まったE-girlsの石井杏奈ちゃんが、映画にも主演することが決まりました!

2015年公開予定の映画、「ガールズステップ」はダンスを軸にした女子の友情映画。現在16歳の石井杏奈ちゃんが現役の女子高生に扮して、ダンスに、友情にと突き進みます。

VBAに合格してE-girlsの一員となった石井杏奈ちゃん。ポカリスウェットのCMで注目を集めた後、「ソロモンの偽証」前後編に出演して話題を呼び、女優としての実力を蓄えています。本作はダンスがメインの映画ということで、ひときわ張り切る石井杏奈ちゃん!いったいどんな映画なのでしょうか?

E-girls石井杏奈が映画の主演!しかも初めての主演!

上記の通り、これまでいくつかのドラマ・映画に出演してきた石井杏奈。今回は初の主演ということで張り切っています。みんなと力を合わせてがんばっていきたいとは本人の弁。

得意のダンスをテーマにしたストーリーなので、ひときわ張り切っているようです。映画館のスクリーンで彼女の本格的なダンスが見られるとあって、ぜひ期待したいところです。

映画の内容は、中学校で必須科目となったダンスを、最初は義務感でやっていた女の子達が、苦しんだりもがいたりしながら、ダンスを通して青春していくストーリー。友情あり、恋愛あり、感動ありです。青春の一作となっていますのでご期待ください。

E-girls石井杏奈が初主演!いったいどんな役柄?

現在16歳の石井杏奈ちゃんは現役の女子高生です。そして、演じる役柄も同じく高校2年生。過去に仲間はずれにされたことがあり、現在は自分の言いたいことも言わず人に合わせてばかりいる少女、西原あずさ役を演じます。

そんな西原あずさが、地味でダメダメな子達を集めたジミーズとして、軽い気持ちではじめたダンスに魅了され、本気で取り組んでいく物語です。

テーマは、ずばり友情。ダンスをしながら深まっていく絆に注目しましょう。同世代の人たちや、夢を追いかけている人たちなどに見てもらいたいと本人。諦めなければ夢は叶うことや、友情の素晴らしさをこの映画を通して実感できる内容になっています!

E-girls石井杏奈が映画初主演!製作陣も豪華!

監督は映画「海月姫」(2014年)や「L・DK」 (2014年)の川村泰祐氏が担当。脚本はドラマ「ごくせん」の江頭美智留氏が脚本。原案はドラマ「信長協奏曲」と「スイッチガール」の宇山佳佑氏が行います。豪華な製作陣に囲まれて、良質の映画になることは間違いありません。

E-girlsファンのみならず、同世代の高校生や映画ファンにも見ていただきたいこちらの映画。2015年の秋に公開予定です!

E-girlsの他のオススメ記事

気になったら、E-girlsのコンサートに行こう!

いかがでしたでしょうか。E-girlsの石井杏奈ちゃんの初主演。このところ女優さんづいてますよね。今後の活躍、成長に大いに期待しましょう!そしてE-girlsのコンサートに行ってみませんか?チケットキャンプではそんなE-girlsのコンサートチケットを取り扱っています。ぜひご覧ください。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。