【完全版】DOBERMAN INFINITYのGSってどんな人?そのプロフィールと魅力に迫る!

最近じわじわと注目を浴びている、LDH所属のHIP-HOPユニットDOBERMAN INFINITY。彼らは何者なのか?そのプロフィールと魅力に迫ります。今回はメンバーのGSに関するプロフィールをまとめました。すでにご存じの方もそうでない方も、ぜひGSの魅力に触れていってください!

【DOBERMAN INFINITYとはどんなユニット?】

DOBERMAN INFINITYは2000年にDOBERMAN INCとしてデビューし、大阪をメインに活動していたHIP-HOP系ユニットです。

2008年にLDH所属となり、拠点を東京に移したあと、メンバーチェンジを経ながら2014年よりDOBERMAN INFINITYとして活動を開始しました。

フューチャリングとしての参加作品も多く、MINMIやSowelu、そしてEXILEや三代目 J Soul Brothersの楽曲に多く参加しています。

今回はそんなDOBERMAN INFINITYのメンバーGSの経歴や性格のプロフィールから、GSの人気の秘密に焦点を当ててご紹介します!

【DOBERMAN INFINITYのGSのプロフィールと魅力:経歴編】

@ambush_official 2017年初おろしジャケット🔥🔥🔥マジヤバ #ambush

A post shared by GS (DOBERMAN INFINITY) (@di_gs_official) on

GSのプロフィール

GS(本名:武藤隆志)はDOBERMAN INCからのメンバーであり、KUBO-CやP-CHOと同じく奈良県出身の血液型B型。

実はGSとKUBO-C、P-CHOの三人は小学生の頃からの幼なじみなのだとか。かなり長いつきあいで、気心の知れた仲だということがうかがえますね。

GSという名前の由来

GSという名前はレクサスGSに魅力を感じ憧れていたことから、HIP-HOPでヒットしてGSに乗りたいという願掛けもこめてつけたというエピソードも。

【DOBERMAN INFINITYのGSのプロフィールと魅力:性格編】

リハ🎤祭りだ祭りだ〜 #下半身もお祭り状態

A post shared by GS (DOBERMAN INFINITY) (@di_gs_official) on

GSはグループ一のまじめな性格で、DOBERMAN INFINITYのまとめ役を担っています。

好きな女性のタイプは外国人風の顔で、安らぎを感じられる人。ケンカになったとしてもお互いに色々なことを言い合える人に魅力を感じるとのこと。

お笑い番組が好きでよく見ている、というお茶目な面も。EXILEメンバーとも交流が多く、特に仲が良いのはMATSUなのだそうです。

【DOBERMAN INFINITYのGSのプロフィールと魅力:人気の秘密編】

smart撮影📸12月号をお楽しみに🙏 #smart

A post shared by GS (DOBERMAN INFINITY) (@di_gs_official) on

GSのあだ名について

GSはファンの間で「GSさん」や「サブさん」などのあだ名で呼ばれています。「サブ」というあだ名については、GSが少年の頃にバイト先の服屋でスタッフからつけられたもの。

「お前はまだまだ青い、2軍やな。ってことであだ名はサブや!」
(引用:DOBERMAN INFINITYオフィシャルブログ)

このエピソードをもとに、ファンから「サブさん」と呼ばれています。

GSのタトゥーの秘密

GSの右腕には竜がト音記号をかたどったタトゥーがあります。ファンの間では御利益があると人気で、触らせてほしいと頼まれることも多いのだとか。

このタトゥーには、バイトでお世話になった服屋のオーナーである竜二と、憧れのアーティスト古川竜一というふたりの存在が秘められています。

その2匹の竜はGSにとって原点ともいえる存在であり、近くでふたりを感じていたいという想いから、このタトゥーを腕に刻んだのだそうです。

GSの大切な人に対する向き合い方や誠実な人柄を感じさせるエピソードも含め、GSの魅力や人気の理由といえるでしょう。

■GSのタトゥーの詳しいエピソードはこちら

ドーベルマンインフィニティの他のオススメ記事

【無限大の可能性とこれからの活躍】

(出典:pixabayより)

今回はGSの経歴・性格・人気について焦点を当ててご紹介しました!DOBERMAN INFINITYは2017年2月からライブツアー「DOBERMAN INFINITYの人気メンバー”P-CHO”のプロフィールや魅力とは」も開催中!。ステージで輝きを増す彼らの魅力、INFINITYな活動にこれからも目が離せません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。