地球や自然を感じよう!DANCE EARTH VILLAGE!

EXILEのUSAが行っているプロジェクト、DANCE EARTH。地球を感じるようなダンスで、世界中の踊りにUSAがチャレンジしています。そんな旅する男・USAですが、一箇所に定住しているプロジェクトがあるのをご存知ですか?

その名は、DANCE EARTH VILLAGE。ヴィレッジとは、村のことです。地球を感じられるようなロケーションで、村を開拓して行きます。テーマは、エコ。自給自足。ダンスフロア。未来構想。廃材を使って展望台を組み立てたり、完全無農薬で野菜を作って自給自足したり。みんなで集まってダンスするフロアーもあります。

発想は常に未来を見ているDANCE EARTH VILLAGE。目が離せませんね。

DANCE EARTH VILLAGE、福島の子供たちを招待。

DANCE EARTH VILLAGEは、福島の被災した子供たちを招待して、エコ体験、畑の体験とダンスなどで、交流をはかりました。

USAは、「傷ついた子供たちに、ダンスで生きる力を取り戻してほしい」と語っていて、こちらもUSAなりの復興支援と位置づけられていますね。

社会貢献もしてるなんて、USAやるな~!!

DANCE EARTH VILLAGE、USAのバックグラウンド

実は、USAのご両親は、ディスコでであっているのです。ご存知でしたか?そしてディスコで出会った両親は結婚して、USAをもうけます。幼い頃のUSAの家にはいつも音楽がかかっていて、両親がクラブで出会って連れてきた外国人などが頻繁に家に出入りしていたそう。すぐに踊りだす彼らを見て、最初は嫌だったというサッカー少年だったUSA。

しかし、MCハマーやZOOをみて、少年は変わっていきます。

ダンスコンテストでMATSUやMAKIDAIと出会い、高校卒業後はニューヨークへダンス留学。お金が尽きて早く帰ってくることになったとか。一緒に行ったMATSUとMAKIDAIと一緒に安いモーテルに泊まり、日々クラブへ。遊んでるように見えて、実はダンス修行。一番ダンスが上手くなるのは、クラブにいくことだったのです。

DANCE EARTH VILLAGE、一人の男として、夢が大きく。

USAにとって、DANCE EARTHはライフワーク。2006年からはじめたDANCE EARTHは、「ダンスという共通語で世界中の人とつながりたい」という思いを胸にはじめました。
そして、15カ国以上を訪れ、ダンスで出会った思いや舞台を絵本にしたりしていたのです。

そして、その夢の着地点が、DANCE EARTH VILLAGE。
これはUSAの夢の表現なのです。

EXILEの他のオススメ記事

DANCE EARTH VILLAGEが気になったら、ぜひライブへGO!

いかがでしたでしょうか?USAの夢がつまったDANCE EARTH VILLAGE。大自然に囲まれて、ダンスして、世界中でつながってほしいですね!そんなUSAが気になる人は、ぜひライブに行きましょう!

チケットキャンプでは、そんなDANCE EARTH PROJECTのライブチケットを取り扱っています。ぜひご覧ください。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。