胸に突き刺さる!三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP13

現在ドームツアー「UNKWON METROPOLIOZ」を行う三代目J Soul Brothers。今回は三代目J Soul Brothersのバラードに焦点をしぼり、長年ファンに愛されるバラードTOP13をランキング形式でご紹介していきたいと思います。バラードと言ってもラブソングから失恋ソング、またメッセージが込められたものまで様々ありますよね。皆さんのお気に入りの曲は入っているでしょうか?

三代目J Soul BrothersバラードソングTOP13をご紹介!

Day 5✨

A post shared by Ryuji Imaichi (@jsbryuji_official) on

現在全国ドームツアー「UNKNOWN METROPOLIZ」を行っている三代目J Soul Brothers。三代目J Soul Brothersの曲はリリースされる度にヒットし、特に若い男女から熱い支持を集めています。

今回はそんな三代目J Soul Brothersのバラードソングに的をあて、長年三代目ファンに愛されるバラード曲TOP13を、その曲や動画の魅力を交えながらランキング形式でご紹介していきたいと思います!

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP13

「最後のサクラ」

3rdアルバム「MIRACLE」に収録されていたこちらの曲。

男女の関係を終わらせる間際の切なさを歌い上げた「最後のサクラ」。

どちらが先に別れを切り出すんだろう、と立ち尽くす主人公。別れたくなくてももう関係を続けていけない事は分かっている、複雑な心境をサクラが散る様子に重ね、切なくともどこか美しささえ感じさせるボーカル2人の歌声。

三代目の失恋ソングの中でも人気の高い一曲です。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP12

「Pride」

2014年1月から4月にかけて行われた三代目の初アリーナツアーのテーマソングです。

作詞はボーカル今市隆二が初挑戦。

当時の三代目への想いやこれからの決意を語った歌詞や、気持ちのこもった歌い方に、ライブの会場では涙を浮かべるファンも多くいました。

この曲の魅力は三代目のメンバーが決意を語るだけではなく、不安な時も一人ではないよとファンの気持ちに寄り添った歌詞でもあること。この曲にどれだけのファンが勇気付けられたことでしょう。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP11

「Link」

三代目の5thアルバム「PLANET SEVEN」に収録され、ボーカル登坂広臣が初めて作詞をした、ラブソング。

初めての作詞ということもあり、言葉がはまるまでかなり時間を要したということですが、“許されない愛”を永遠に、と切望する主人公の気持ちがリアルに伝わってきます。

動画からも、全身で言葉を伝えようとする彼の姿勢がわかりますよね。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP10

「ALL LOVE」

三代目の5thアルバム「PLANET SEVEN」に収録され、ボーカル今市隆二が作詞したバラードソング。

“愛”をテーマにしたこちらは友愛、家族愛、恋愛、全ての愛を歌い上げた壮大な曲になっており、人間の愛を信じる彼の純粋な気持ちがそのまま歌詞に表れています。

落ち込んだ時にもそっと背中を押して前向きにしてくれるこちらの曲はファンの支持も高い、今市隆二の魅力がつまった曲です。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP9

「君となら」

2011年6月に発売された1stアルバム「J Soul Brothers」に収録された、三代目の原点ともいえるバラードソング。

今まで色々な恋をしてきたけれど、大切なのは君だと分かった、という直球なラブソングにハートを持っていかれたファンも多いのではないでしょうか。

最近の三代目の楽曲とは違う、シンプルなメロディーが胸を打つ、隠れた名曲の1つです。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP8

「風の中、歩き出す」

2015年1月に発売された「PLANET SEVEN」に収録されたこちらの曲は、歌詞に“春”や“別れ”というキーワードが使われており、学校の卒業式などでも歌われるバラードソング。

ミディアムテンポな曲調の「風の中、歩き出す」は、タイトルにもあるように別れの切なさを感じさせるだけではなく、その先に歩き出すという前向きな気持ちも後押ししてくれるような曲です。

こちらは三代目のシングル「S.A.K.U.R.A.」のカップリングでもあり、その為かライブで歌われることも殆どないレア曲となっていますが、デビュー時より表現力も歌唱力も進化したボーカル2人が歌う旅立ちの歌は圧巻。

三代目を知ったばかりの方にも三代目の魅力を伝えられる、オススメの一曲です。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP7

「Starting Over」

2015年に行われた三代目初のドームツアー「BLUE PLANET」のツアーテーマソング。

ツアー名が「惑星」というだけあって、こちらのテーマソングも現在、そして未来へ続く希望を歌った壮大なバラードになっています。

作詞はEXILEや三代目、FlowerなどLDHアーティストの作詞を数多く担当してきた小竹正人さん。彼はオーディションの時から三代目のボーカルの成長を見守っており、それゆえ三代目の想いをよく理解している人物でもあります。

デビュー当時からの夢であったドームツアーを叶えた三代目J Soul Brothers。でも夢への階段はそこで終わりではなくまだ先へ続いていて、更なる夢をかなえる為に進化していきたいという三代目の強い決意や、そこまでたどり着かせてくれたファンへの感謝をも表現され、ドームツアーを迎えた三代目メンバーのリアルな声が、歌詞やボーカル2人の熱い歌声から伝わってくる感動の名曲です。

動画はドームツアーのラスト「Starting Over」の最後の最後でボーカル2人が視線を交わし1つの歌詞を歌う、感動のシーンになっています。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP6

C.O.S.M.O.S.~秋桜~

三代目J Soul Brothersが2014年に行ったシングル春夏秋冬シリーズの第三弾。

自身初となる禁断の恋を、甘く切なく歌い上げたこの楽曲。

“愛してる”“罪人じゃない”という言葉が繰り返し出てきて、主人公の苦しさが痛いほど伝わってきますよね。

またこちらのMVでは時に妖艶で時に苦悩に満ちた表情を浮かべるメンバー達が見られ、話題になりました。

動画で見ていただくとわかりますがこの曲の切なさや絶望感が、美しい色彩、独特の世界観、そして水辺でのパフォーマンスによってうまく表現されていて、見る人の目を奪います。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP5

冬物語

2013年10月に発売されたバラードソング。こちらは発売から4年たった今でもライブで歌われることが多い、三代目の冬の代表曲の1つです。

冬の冷たい空に凍えそうになる心を暖めてくれるようなボーカルの甘い歌声と、確固たる愛の強さを伝えるパフォーマーのダンスが魅力的な冬物語。

実は今三代目の振り付けを担当しているELLYが、初めて振りを考えたのがこの作品でした。メンバーの経験値も手伝ってか初めて振り付けしたとは思えないほどハイクオリティーなパフォーマンスになり、それを見たボーカルの2人も絶句するほど感動したそう。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP4

Powder Snow~永遠に終わらない冬~

2012年11月に発売された、こちらも冬の代表曲の1つ、Powder Snow~永遠に終わらない冬~。

ドームツアー「BLUE PLANET」では、今市隆二がピアノを弾き語り、登坂広臣がその傍らで歌うというパフォーマンスが話題にもなりました。

美しいメロディーラインに実ることのない片思いの切なさのせて歌ったこちらの曲ですが、作詞家小竹正人さんが三代目のボーカル登坂広臣の実体験を聞き、それを元に書いた曲なんだそうです(ちなみに今市隆二の実体験を元にした曲に「旅立つ前に」があります)。それを知ると余計にぐっと胸に迫るものがありますよね。

こちらのMVの監督をつとめたのは、華を使った鮮やかな作品が有名な蜷川実花さん。

女性からの視点を元にしているので、メンバーがそっと女性を抱きしめるシーンや鏡越しにこちらを見つめるシーン、涙を流すシーンなど、女性が共感できるキュンポイントが沢山あります。

こちらの動画はショートバージョンですが、さすが蜷川実花さんだけあって初めから最後まで切なくも美しいMVに仕上がっていますので、是非全部を見てほしいオススメのMVの1つでもあります。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP3

「Born in the EXILE」

2017年秋から行われたドームツアー「METROPOLIZ」のテーマソング。

「Born in the EXILE」は初の、今市隆二と登坂広臣の共作で書き上げた歌詞がファンの間で話題になりました。

初めは不安があったそうですが、各自でベースの歌詞を作りそれを照らし合わせた所、言葉の表現が違うところがあれど、伝えたいことや内容はほぼ一緒だったそう。さすがツインボーカル、やはり言葉に出さなくても伝わることがあるんですね。

こちらの曲は、同名の三代目ドキュメンタリー映画「Born in the EXILE」の主題歌にもなっていますが、MVではその映画で使われた、三代目のデビューからの映像やボーカル2人が歌詞を書くシーン、三代目の原点となるJSBの映像も盛り込まれており、歌詞に込められたファンへの感謝の気持ちや未来への覚悟をより強く感じることができるようになっています。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP2

「LOVE SONG」

「LOVE SONG」は2011年5月に発売された、三代目の3枚目のシングルですが、いまだにファンに根強い人気があるラブソングです。

ストレートに愛を伝える歌詞に、ボーカルの甘い歌声がマッチして、聞くと胸が温かくなる曲ですよね。

そして「LOVE SONG」は数少ない、パフォーマーのダンスシーンがないMVのひとつです。まだまだ三代目の形を求め、模索していた時期ですもんね。

それまでにない甘い雰囲気の曲で、MVもメンバーは照れまくりながら撮影をしたそうです。笑顔を撮るシーンでは他のメンバーがモニター前に立ち、いじり倒していたとか。

でもメンバーの、まだどこかぎこちない笑顔も微笑ましくて素敵ですよね。

いまだに多くのファンに愛されているこの曲、またいつか生のライブで歌ってくれる日が来てくれるでしょうか。

三代目J Soul BrothersバラードソングランキングTOP1

「花火」

2012年8月に発売された7thシングル「0~zero~」のリード曲。

“パッとさいて、シュンと散って”という出だしがとても印象的なこちらのバラードは、三代目では珍しく女性目線の歌詞で繊細な恋心を歌い上げており、それが多くの女性ファンの共感を集めて人気になり、三代目はこの曲で紅白に初出場を果たしました。

人気になったのは、その切ない曲調の世界観にあわせて作ったMVのおかげでもあったかもしれません。MVの監督をつとめたのは蜷川実花さん。「花火」は「Powder Snow」の前に撮られた作品ですが、こちらも女性が見たらキュンとするようなシーンが沢山盛り込まれており、それまでに見られなかった三代目の魅力溢れたMVになっています。

三代目の魅力溢れるバラード達!

(photoAC)

三代目J Soul Brothersの魅力溢れるバラードをランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたか?

三代目のバラードはボーカル2人の歌声やパフォーマー5人のダンスが一体となってその曲が持つ魅力を最大限に伝えてくる為、ぐっと胸にささる曲が多いですよね。

三代目J Soul Brothersには今回ご紹介できなかった珠玉のバラードがまだまだありますので、肌寒くなりバラードを聴きたくなるこの季節に聞きなおしてみてはいかがでしょうか?

三代目J Soul Brothersについて知りたい方はコチラ♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。