女優としても大活躍しているE-girls石井杏奈ちゃん!演技の実力やその評判は?

先日19人から11人に生まれ変わった新生E-girls。その中でパフォーマー兼女優として活躍するのが、E-girls最年少の石井杏奈ちゃんです。今年に入ってドラマ2本、映画4本に出演するなど女優としてもひっぱりだこの石井杏奈ちゃんですが、その演技の実力やみんなの評価が気になるところですよね。今回は過去の作品から石井杏奈ちゃんの演技力やその評価を探っていきたいと思います。

女優として多数の作品に出演するE-girls石井杏奈ちゃん。その実力って?

日本のガールズグループで今最も人気があり注目を集めているのが、本格的なダンスパフォーマンスを展開するE-girls。

その中で最年少のメンバー石井杏奈ちゃんは、女優としても活動しており、7/22(土)には映画『心が叫びたがってるんだ。』が公開予定になっています。

今年に入ってからすでにドラマ2本、映画は4本目になるなど大活躍の杏奈ちゃんですが、ファンとしてはその演技力や出演作品の評判が気になるところですよね。

今回は女優・石井杏奈ちゃんの出演作品を改めてチェックしつつ、その演技力や評判を見ていきたいと思います。

映画『ソロモンの偽証』でニキビ顔のいじめられ役を熱演!

杏奈ちゃんの役どころ

2015年に公開された映画『ソロモンの偽証』。その中で杏奈ちゃんは顔にニキビが多数あり、そのコンプレックスを抱え内気な性格からいじめられてしまう中学生「三宅樹理」を熱演しました。

成島出監督の意向でいじめられる役の気持ちを理解するため、わざと役と同じ状況に身を置くなど、過酷な研修期間を終えて臨んだ撮影だっただけに、終わった後は心に穴が開いたような感覚で、それでも達成感に満ち溢れていたようです。

そして、この時成島出監督からもらった言葉の数々や経験が、この後の役づくりや撮影の挑み方に大きく影響しているという杏奈ちゃん。女優・石井杏奈にとってこの作品がどれだけ重要な経験だったかがわかります。

杏奈ちゃんがこの映画の為にくだした決断とは?

実はこの『ソロモンの偽証』とE-girlsのアリーナツアーの時期がかぶり、杏奈ちゃんは大きな決断をくだす事を迫られていました。

悩みに悩んだ末、「どちらも平行してやろうとしたら中途半端になってしまい、周りに失礼だ」という思いから、杏奈ちゃんは映画の撮影を選んだのです。

そしてその思いを知り、理解していたE-girlsのメンバーは映画を見て「(杏奈ちゃんの)覚悟が伝わってきた」「普段の杏奈とはちがう」「“女優”石井杏奈をスクリーンで見ることができて感動した」とその杏奈ちゃんの演技を絶賛していました。

そんな石井杏奈ちゃんの演技に対する“本気”が伝わったのか、映画を見た人達からも「E-girlsの子とは知らなかった!」と、女優・杏奈ちゃんの演技力の高さに注目が集まりましたよね。

ダンス初心者を熱演!初主演映画『ガールズ・ステップ』

2015年9月12日に公開された『ガールズステップ』。この映画で杏奈ちゃんは幼少期にイジメにあったことから、傷つかないように誰にでもいい顔をするようになってしまった主人公、西原あずさを演じます。

あずさはひょんな事からダンスグループを結成することになりますが、集められたのはクラスで友達もいないような地味な女の子4人。ダンス初心者の5人で練習を重ね、成長するさまを描いた王道青春ストーリーです。

この西原あずさという少女は、監督から「個性の強い他の4人の中で普通でいることが個性になる」というアドバイスを受けたそう。

“普通”って考え始めると答えがなくて、難しいですよね。ですがこの年頃に特有の悩みを抱えながらも、ダンスという自分が打ち込めるものを通じて殻を破っていくあずさを見事に演じた杏奈ちゃんの演技力、そして役を理解するその観察眼はさすがです。

“初主演”というプレッシャーや不安がありつつも、この役は普段ダンスと演技を両立させている自分だからこそできる役だと、持ち前の真面目さと明るさで取り組んだ杏奈ちゃん。

映画を見たファンからは杏奈ちゃんの役に共感する声や、その演技力がすごい!という声が多く見られました。

そして杏奈ちゃんはこの『ガールズ・ステップ』と、上で紹介した『ソロモンの偽証』でその演技が評価され、第58回ブルーリボン賞新人賞を受賞!

着々と女優としての階段をのぼっていきます。

女優・石井杏奈のさわやかで前向きな演技が光る!ドラマ『仰げば尊し』

最後にご紹介するのが2016年7月~9月まで放送されたドラマ『仰げば尊し』です。

物語は事故の後遺症で音楽から遠ざかっていた寺尾聰さん演じる元サックス奏者・樋熊迎一が、荒廃した高校で弱小吹奏楽部の指導をすることになることから始まります。はみ出した不良生徒たちと真正面から向き合い、熱血指導で「音楽の甲子園」といわれる全国一を勝ち取るまでの青春ストーリー。

このドラマで杏奈ちゃんは弱小吹奏楽部の部長、有馬渚を演じます。

家族の悩みをもちつつも、ある理由から音楽を続けたいという強い思いを抱き、樋熊とともに弱小吹奏楽部を立てなおそうとする有馬渚。

その健気で前向きな役どころに心を打たれ応援したくなった方も多いのではないでしょうか。

「この夏を今までの人生で1番熱い夏にしたい」という熱い意気込みを胸に撮影に挑み、その自然で素直な演技が評価され、杏奈ちゃんはこの役で『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』の新人賞を受賞しています。

E-girlsの他のオススメ記事

これからの杏奈ちゃんの演技にも目が離せません!

今日は、大阪に来ています!! #ここさけ の舞台挨拶です! 楽しみ! 京ちゃんとの浴衣写真^_^

石井杏奈さん(@anna_ishii_official)がシェアした投稿 –

本日はE-girlsの最年少 石井杏奈ちゃんの女優としての演技力についてご紹介しました。映画の撮影を選びアリーナツアーに出演しなかった事から、引退の声もささやかれた杏奈ちゃんですが、新生E-girlsとして、これからもパフォーマー&女優を続けていくことを明言してくれましたね。7/22(土)には実写映画『心が叫びたがってるんだ。』も公開される予定の石井杏奈ちゃん。

これからの活躍にも目が離せません。ぜひチェックしてくださいね。

みんなのコメント
  1. ももこ より:

    三代目のunfairworldの
    ミュージックビデオに出てた子ですね❗
    細かい表情泣き顔素晴らしかった…❗
    うーん 先が楽しみだ😉👍✨❗

  2. まろん より:

    杏奈ちゃんかわいー❤❤

  3. 匿名 より:

    イェーイ(ゝω・)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。