EXILEのKEIJI、実は料理上手だった!

《New!!》EXILE通信からのお知らせ
EXILE通信が、ついにLINEで購読できるようになりました!!
友だち追加数
詳しくはこちらのページをご覧ください。
———————————

有名人で料理上手と言えば、誰を思い浮かべますか? 速水もこみち、キャイーンの天野ひろゆき等たくさんいらっしゃいますが、我らがEXILEにも料理上手なメンバーがいるのは、もうご存知ですよね。

そう、KEIJIなのですが、それがただの料理上手ではないのです。ここでは、そんなKEIJIのコアな料理エピソードをご紹介していきましょう!

KEIJIは、調理師免許の資格も取得している料理のプロ!

料理がうまいというにはそれ相応の実力が必要です。少しうまいだけで料理上手を名乗ることは、恥をかきかねません。

では、KEIJIはどうかというと、KEIJIは高校の調理科を卒業しており、調理師免許の資格も取得しているというのです。KEIJIは中学時代は野球に打ち込んでいて、進路も野球優先で選んだと言っています。

その進学した高校で野球の他にも学ぶ科目を選択する際に、手に職もつけておいた方が良いと思って、調理科を選んだそうです。高校生にして堅実な性格をしていたようですね。

KEIJIの「サンマと松茸のパスタ」は、EXILEメンバーも絶賛

でも、調理免許を持っているからと言って、料理がうまいとは限りません。一体どのようなものを作るのでしょうか?

KEIJIの一押しは、「サンマと松茸のパスタ」だそうです。名前からしてお洒落な料理名ですが、この料理はEXILEメンバーに食べてもらったところ、大好評だったようです。

KEIJIは

作り方は簡単ですよ。適当な大きさに切ったサンマをニンニクとオリーブオイルで炒めて、松茸を合わせるんです。隠し味にお醤油を入れ、仕上げに摺ったすだちの皮を加えて香りづけしました。松茸自体も香りがいいけれど、すだちを加えると、さらにその良さが引き立つんです
(引用:クックパッドニュース)

と言います。確かに簡単そうですが、このアレンジはなかなか思いつくものではないですよね。巣立ちの皮を加えて香りづけをするというあたりが、料理のプロの小技を見た気がします。

他にも、高校の調理科時代の恩師に教わったオムライスや地元宮崎の地鶏を使った、チキン南蛮などを得意料理のレパートリーに挙げています。うーん、お腹が空いてきてしまいますね。地のもの、地元の食材を推すあたりも食材にこだわる料理人ならではですよね。 

ちなみに、オムライスを教えてくれた恩師は、天皇陛下が宮崎に来られた時にオムライスを振る舞った経験があるほどの腕前の人なのだとか。”そんな人から教えてもらえて今思えば、光栄でした”と当時を語っていました。

KEIJIドラマ「ムッシュ」で公私ともに料理バカになる?

そんな料理の実力を認められたKEIJIは、なんと料理ドラマで初主演を飾ります。それが、のちに舞台化もされた「ムッシュ」。

この作品は、料理好き(料理バカたち)が繰り広げるヒューマンコメディドラマ。KEIJIが演じるのは、”ムッシュ”の異名を持つ凄腕シェフの伊達英雄。さすらいのシェフとしてパリから帰ってくることから始まり、料理を通して様々な難題を解決していくストーリーです。

これが、まさにKEIJIにピッタリのはまり役。毎週放送ごとにテーマ料理が指定されますが、KEIJIがさすがの手さばきで華麗に作り上げていきます。この料理が、とにかく美味しそう!「復活のオムライス~カポナータソース仕立て~」「元気が出るスープカレー~故郷の香り~」「祝福の揚げピザ~とろける妄想~」「真心バーニャカウダ~有機野菜の笑顔仕立て~」など、字面だけで美味しそうです。メニューがサブタイトルにもなっており、遊び心も面白いですよね。

ちなみに舞台となる架空のレストラン「ラポール」のオープンロケセットは、東京・三軒茶屋の空き店舗を実際に借りて作られたもの。番組連動企画の本物のレストランとして一般開放営業されていました。KEIJIがドラマの中で手がけた料理を実際に食べられるとあって、多くのファンで賑わっていました。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。