SWAY芸能活動のきっかけは?AAA西島隆弘とは幼馴染?

《New!!》EXILE通信からのお知らせ
EXILE通信が、ついにLINEで購読できるようになりました!!
友だち追加数
詳しくはこちらのページをご覧ください。
———————————

ドーベルマンインフィニティのSWAYと言えば、もうEXILEファミリーのファンであれば知らない方はいないのではないでしょうか?彼の流れるラップフローは、今やドーベルマンインフィニティには欠かせない存在となりました。

ですが、彼は少し前までは、劇団EXILEの俳優だったわけです。もともと彼は、俳優になりたかったのでしょうか?それともラッパーになりたかったのでしょうか?

ここでは、そんな彼のデビューに至るまでの話を掘り下げていきたいと思います。AAA西島隆弘とも友人という噂もあります。果たして真相は?

SWAY、ウィル・スミスに出会い16才でラップに目覚める!

SWAYは、16才の時にウィル・スミスを見てラップに目覚めたと言います。ウィル・スミスは俳優で有名な方ですが、音楽活動もしており、自身のラップも披露しています。

「MEN IN BLACK」のテーマソングも自身で歌っているので、耳にしたこともあるかと思います。本業が俳優のウィル・スミスに憧れてラップを始めたというSWAYですが、ラップシンガーとしては珍しいケースかも知れません。

しかし、俳優兼ラッパーのウィル・スミスに触発された経験が、俳優兼シンガーとしての道を歩むきっかけになったのかも知れませんね。

SWAY、カナダにラップ留学!

そして、時を経て2006年から2年間、カナダのトロントに留学します。

2008年に帰国してから、地元北海道で音楽活動を行っていました。帰ってきた頃には、全くしゃべれなかった英語とともにラップスキルも修得。

一皮むけて帰ってきSWAYですが、彼の度胸はすごいですね。喋れなかったら日本でひとまずスキルを身につけてから…というのが常人の考え方ですが、「まず、目指す環境に飛び込む」これができたのは、彼の人生に大いなる飛躍を齎したのではないでしょうか?

SWAYは、AAAの西島隆弘とは幼馴染!?

その帰国後、SWAYは芸能養成スクールの「アクターズスタジオネットワーク本部校」に入ります。同校は有名な芸能スクールのようで、出身者にはw-inds.のメンバー(涼平、龍一)や、AAAの西島隆弘もいるようです。

そこで知り合ったAAAの西島隆弘とは今でも交流があるようです。その後、このスクールを経て、10代の頃クラブで出会って以来の友人であるSHOKICHIに、今の事務所に紹介されたようです。

SWAYはラップスキルも演技ももちろんすごいですが、人と人とのつながりも大事にしているようですね。色んな方向の友人と知り合いで、そこから道が拓けてくる。まさに、持っている男と言えるでしょう。

ドーベルマンインフィニティの他のオススメ記事

夢へ突き進む人、SWAYのライブを観に行こう!

いかがでしたでしょうか?夢へ突き進むSWAYは、自らその道を切り拓き夢を掴みました。そんなSWAYが出るライブを観に行ってみませんか?チケットキャンプ(チケキャン)では、そんなEXILE関連のチケットを取り扱っていますので、こちらも是非、チェックしてみてくださいね。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。