【名勝負(!?)】三代目 VS GENE対決バトル3本勝負をご紹介!

昨今、何かと絡みが多い三代目JSBとGENERATIONSですよね。ここではそんな彼らの対決バトルをご紹介いたします。さて、どちらのグループが対決を制するのでしょうか?!

三代目JSBGENERATIONSが「EXILE TRIBE(三代目 J Soul Brothers VS GENERATIONS)」名義でシングル「BURNING UP」を7月10日にリリースしました。

昨今、何かと絡みが多い三代目JSBとGENERATIONSですが、ここではそんな彼らの対決バトルをご紹介いたします。

三代目 VS GENERATIONS 三番勝負その1「モノマネ対決!」

山下健二郎がオール巨人のモノマネを披露、「GENERATIONSの2人は、なにできるの?」とバトルを持ちかけます。

中務裕太は「平泉成さんができます」と言い、佐野玲於は「ジャパネットの社長ができます」とこれに受けて立ちます。まず、GENERATINOSの中務裕太が平泉成のモノマネを披露「おまえの話は、つまらん!」。これは、なかなか似ていてまずまずの評価。

続いて、佐野玲於のジャパネット社長のモノマネ「さあ、みなさん。このハイスペックヴィジョンはですね・・・」とあの社長の甲高い声をモノマネします。これは、ちょっとカミカミだったこともあり、「がんばったけど、ちょっとだけミッキー入ってたよな」と山下健二郎に突っ込まれてしまいます。確かに、このモノマネではミッキ―マウスの方が似ていたかも知れません。

そして、最後に岩田剛典の古畑任三郎の真似。これも、セリフを噛んでしまったものの、かなりのクオリティーです。この対決は、三代目JSBに旗が挙がる気がします。みなさんは、どうでしょうか?

三代目JSB VS GENERATIONS 三番勝負その2「 モノマネVS けん玉」

三代目JSBからNAOTOが、古畑任三郎からのブタゴリラを披露しました。「え~、今回の犯人は・・・ブタゴリラ!」とモノマネをするのですが、「今回の犯人は・・・」までを古畑任三郎でフリをしてからのトンガリの真似で、「ブタゴリラ!」と二段階の落ちをつけると言う高度なアレンジモノマネを披露!これには、スタジオも大爆笑。さすが、人生ほの字組です!

これに対して、GENERATIONS数原龍友は、なぜかけん玉を披露。趣旨が全然違いますが、”空中遊泳”と呼ばれる、玉にけん玉本体を乗せると言う大技をいとも簡単にクリア!これには、三代目JSBも黙ってしまいました。NAOKIが出てきて、数原龍友からけん玉を取り上げて披露しますが、惜しくも玉は乗りません。「単純に負けましたよね」と山下健二郎に突っ込まれて終了。

NAOTOのモノマネで一歩リードした感じでしたが、NAOKIがけん玉対決に乗ったために最後はGENERATIONS勝利の雰囲気で終了しました。みなさん、本当に多様な特技があって見どころ満載でした!

三代目JSB VS GENERATIONS 三番勝負その3「 仲の良さ対決!」

モノマネは、年の功なのか三代目JSBに軍配が上がりそうですが、今度は仲の良さ対決です。

同じEXILEの弟分として、グループ内の仲の良さをエピソードで競い合います。まずは、三代目JSB「裸の付き合いがある!」よく銭湯に一緒に行くそうで一緒に裸でサウナなどに入るようです。

これに対してGENERATIONSは「プライベートでも、常に一緒にいる」買い物とかにも一緒にいくほど仲が良いのだとか。クリスマスにメンバーの家で鍋も一緒にやったと言ってましたから、これは本当に仲がよいといえますね。

これに対し、三代目JSBに亀裂が!?「一緒に観ようと言っていた映画に、がんちゃんに先に見にいかれた」とNAOKIがエピソードを話し出すと、「ダメダメ」とメンバーの止められる一幕も。これは、GENERARIONSの勝ちと言って間違いなさそうですね。

三代目 VS GENERATIONS熱いバトルを観に行こう!

最高にクールなモノマネやけん玉等の対決を見てきましたが、彼らの本業はダンス&ヴォーカルです。そんな彼らの本業対決は、TRIBE等のライブで見れると思います。

三代目JSBとGENERATIONSの他のオススメ記事

みんなのコメント
  1. 岩♥LOVE より:

    もー岩ちゃん好きすぎる♥
    どんなつらいことあっても、一目見れば
    いきかえるw

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。