「E-girlsを真面目に考える会議」の魅力を考えてみた

EXILEファミリーのE-girlsが出演する冠番組「E-girlsを真面目に考える会議」が終了しました。

「E-girlsを真面目に考える会議」とは、さまざまな企画に挑戦し、その姿を記録したVTRをとある会議室に集まったE-girlsファンたちが見守り、メンバーの振る舞いや発言に対して愛を込めて真剣に、真面目に、時には厳しく議論を繰り広げるという、一風変わったドキュメントバラエティ。ファンは、毎回放送を楽しみにしていただけに、この番組の終了に残念な気持ちでいっぱいです。

しかし、そんな「E-girlsを真面目に考える会議」DVD-BOXがこの度、8/12(水)に発売されます。このDVD-BOXには、今までの全12話に加えて、特典に幻の13話「石垣島ぶらりE-girls旅」も収録される予定!そこで、今回は「E-girlsを真面目に考える会議」のみどころ等をご紹介します。

E-girlsを真面目に考える会議のみどころ、ファンがプロデューサーにダメ出しをする!

E-girlsを真面目に考える会議には、杠政寛プロデューサーという、名物プロディーサーがいます

彼は、今まではお年寄りをターゲットにしたバラエティ番組しか制作したことがなかったそう。杠政寛プロデューサーが、彼女たちの新たな魅力とは何なのかを試行錯誤しながらVTRを完成させるのですが、上司からは「これって面白いの?」などと言われ、会議に出席したE-girlsファンからは、厳しい批判を受けることも……。少し頼りないプロデューサーにダメ出しをするファン、すごい構図です。

そして、なにより、ファンが参加するバラエティーなんて今まで観たことなかったので、毎回とても新鮮なんですね。

この杠政寛プロデューサーの絡みは、「E-girlsを真面目に考える会議」中での見どころですね。このプロデューサーなくして、この番組は成り立たなかったわけですから、イジられながらも番組に貢献していたと思います。

E-girlsを真面目に考える会議 ファンに意見されることについてどう思う?

では、E-girlsは、ファンがE-girlsについて意見している様子をみて、どういった印象を持っているのか?気になりますよね。自分のことについて、語っている姿を見るわけですから、普段見られている立場の人間としては、どうなのか……以下そんなE-girlsの声を紹介します。

  • ”リアルな意見やリアクションは、すごく新鮮。私たちも、もっと頑張ろう!という気持ちになります。”
  • ”ファンの方の本音も聞けて、すごく勉強になります。”
  • ”ファンの方が、眉間にシワを寄せている姿を見ていると心が痛いです(笑)”
  • ”幅広い層の方が色々考えて、意見を出してくださるので、E-girlsはこういうグループ,この子はこういう子なんだ、という部分が伝わると思います。色々なところに活かすことができそうな意見をいただけるので参考になります”
  • ”身内だからわかるこの面白さを、視聴者の皆さんに伝えていかなきゃいけない! 素の魅力を感じていただけると、共感していただけるんじゃないかな。”

など、みんな真摯に受け止めていますね。”ファンの方が、眉間にシワを寄せている姿を見ていると心が痛いです(笑)”という意見は、ファンを大事にしているグループだからこそ、時に厳しい意見は、身につまされる思いがあると思いますよね。

全体的には「ファンの本音が聞けて嬉しい」という感想を持っているようです。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。