元EXILE・清木場俊介の現在と、メンバーとの関係は?

★お知らせ★EXILE通信がアプリで見れる!?
EXILE関連の最新情報が満載の「EXILE通信」がついにアプリ化!「プッシュ通知機能」でツアー情報やチケット申し込み情報などを、どこよりも最速でお知らせします。(Android版に続いてiOS版もリリースされました。)
Android版ダウンロードはこちら>>>

iPhone版ダウンロードはこちら>>>
▶️EXILE通信アプリ詳細はコチラ
————————————————

初代EXILEのボーカリストの1人SHUN。彼は、ATUSHIと共にEXILEの礎を築き、そして今は、ソロとして清木場俊介として活動しています。

今でこそ、その名を知らない人はいないと言っても過言ではないEXILEですが、当初を知る人は、ここまでのビッグアーティストになるとは誰も思わなかったと思います。

ここでは、そんな清木場俊介とEXILEの関係を思い出してみようと思います。

清木場俊介がEXILEに入るきっかけ

清木場俊介がEXILE と出逢ったきっかけとなったのは、ナインティナインが司会を務めるオーディション番組「ASAYAN」です。同じボーカルのATUSHIもこのオーディションに参加していたことは、有名な話ですが、実は清木場俊介も「ASAYAN」に出演していました。

とは言っても、ATUSHIが最終選考まで残っていたのに対して、清木場俊介は3次予選で落ちていたのでTVの露出が少なく、知らない人も多いと思います。

この「ASAYAN」に出演していた清木場俊介がリーダーのHIROの目に留まり、後日、オーディションの末にEXILE加入が決まります。元々は、ボーカルはATUSHIのみの予定でしたが、この逸材・清木場俊介との出逢いにより今のツインボーカルのスタイルが出来上がります。 

EXILEファンの間で語り継がれる、清木場俊介の優しいエピソード

見るだけでも仲がよさそうなEXILEにファンはうれしい気持ちになってしまう方も多いのではないでしょうか。それは、清木場俊介がいた頃のEXILEも同じであり、メンバーが少ない分、より深いものだったように思います。

特にファンの間で語り継がれているのは、清木場俊介のメンバーに対する優しさです。

EXILEとスタッフが会議をしている時のことでした。風邪を引いているATUSHIAの前でスタッフが煙草を吸いだしたそうなんですが、そこへ清木場俊介が「すいません、今ATHUSHI風邪なんで」と煙草を吸うスタッフを窘めるといったエピソードがあります。これは、当人のATUSHIが語っていたエピソードなのですが、なかなか言えるものじゃありません。

スタッフも知らずに、普段通りに吸っていたと思うので悪気はないと思いますが、本当に相手のことを思っていないと言えないと思います。 だから、脱退の後も、メンバーと飲みに行ったりメンバーがパーソナリティーを務めるラジオに出演したり、交流があるんですね。リーダーのHIROも「脱退しても仲間なんで」と言っているので、EXILEと清木場俊介の絆は今も健在でEXILEファンとしてはうれしい限りです。

生で感じたEXILE清木場俊介の圧巻の迫力

清木場俊介は、2001/9/27にEXILEとしてデビューします。

デビューファーストアルバム特典のLIVEチケットが当たり、今は無き六本木ヴェルファーレのお披露目LIVEを見に行ったファンによれば、その鋭い眼光とは裏腹に、繊細なボーカルに驚いたといいます。

清木場俊介のボーカルは、独学で学んだもので、専門学校で学んだATUSHIとは対照的なものでしたが、その相反する二つの声がダンスグルーヴに見事に共鳴し、その場のオーディエンスを圧倒していました。そんなデビュー後、勢力的に音楽活動を積み重ねる中でEXILEと清木場俊介とのはより深く確かなものへと変わっていったのでしょう。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。