豪華絢爛!PKCZパーティーのゲストを紹介!

今年3/20(金)に行われた、PKCZ(OTO_MATSURI)

PKCZは、EXILEのHIRO、MAKIDAI、そこにm-floのVERBAL、DEXPISTOLSのDJ DARUMAが加わった4人ユニット。

今回は、特筆すべき、PKCZパーティのゲスト出演の面々についてご紹介します!

PKCZパーティーのゲスト:全米1位のお洒落ニューヨーカー

まずは、この方「エイサップロッキー(A$AP ROCKY)」。ニューヨーク州出身1988年生まれの27歳。アルバムLong. Live. ASAPはビルボード全米1位を獲得しています。

ファッションでも 最もオシャレなニューヨーカーランキング1位に選ばれていて「俺は、ファッションアイコンだ!」と豪語するほど、自他ともに認めるお洒落さん。ニューヨーカーはタイトなファッションが定番ですが、彼はオーバーサイズの着こなしが似合っていますね。

もちろん、ファッションだけではありません。その根底には、彼の光るラップスキルがあります。少し気怠いミディアムスローなラップは、心地よいブラックミュージックの世界に誘ってくれます。A$AP ROCKYという名の由来である、”Always strive and proper(常に繁栄し、本物であり続ける)”という看板に偽りはありません。HIP-HOPファンはもちろん、ジャンルを問わず音楽好きならマストリスニングなアーティストです。

ちなみに、プロモーションビデオには、地元Harlem(ハーレム)の映像がよく映り、地元・仲間意識が強いジモティーな一面もあります。

PKCZパーティーのゲスト:自家用ジェットで飛び回る辣腕音楽プロデューサー

続いて、「Afrojack(アフロジャック)」1987/9/9生まれの27歳。こちらも若くしてキャリアを積んでいる音楽プロディーサーです。

幼少期からピアノなどに親しみ、その後様々なクラブで過ごし、2010年に発表されたオランダのシンガー・ソングライターエヴァ・シモンズをフィーチャーした楽曲「Take Over Control」で日の目を見ることになります。その後は、ビヨンセに曲を提供したり、クリスブラウンをフューチャーするなど活躍の場を広げていていきました。

機内でも音楽制作に没頭できるように自家用ジェットを購入し、世界を飛び回っているのだとか。

そんな彼のファーストアルバムが2014/5/21(水)に日本でも発売されました。その名も最新アルバム「Forget The World(邦題:世界は俺のもの)」!ちなみに、国内盤には更に小室哲哉 リミックスをボーナス収録しているのですが、どことなく小室サウンドににている90年代のトランス的な要素が懐かしくもあります。

小刻みな電子ビートに中毒性があり、クラブ好きにはたまりませんね。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。