千鳥の「EXILE」のモノマネがグダグダすぎだと話題に!

秋のドームツアー「EXILE LIVE TOUR 2015 “AMAZING WORLD”」を今か今かと心待ちにしているファンはたくさんいることと思います。暑い夏がそろそろやってくる!という時期になってきましたが、その季節が一つ過ぎたら、ライブの季節です!まだまだボルテージは上げすぎないで待つことにしましょう!

さて。バラエティ番組などで、お笑い芸人がアーティストの物まねを披露することってよくあります。そのクオリティは、芸人とは言えないハイレベルだったり、そんなにお笑いに持っていかないで~いうくらいのネタレベルだったり様々です。お笑い芸人「千鳥」が披露した「EXILE」のモノマネがグダグダすぎると話題になっているようなので、ご紹介してみたいと思います。思いっきり笑ってください!

千鳥が披露した「EXILE」のモノマネは?

千鳥の披露したグダグダなモノマネと言えば、「ラッスンゴレライ」が記憶に新しいところですが、またまたやってくれたようです。でも今回は同じお笑い芸人のモノマネではなく、あの、EXILEのモノマネなんです。披露したのは大阪で開催されたイベント「小藪大説教2」にて。「EXILE」のモノマネをするにあたって、「CHIDOXILE」として登場しています。

主催者の小藪があまりの音痴加減にびっくりしてインスタで紹介したことから、全国の「EXILE」ファンの目にもとまることになったわけです。さて、そのモノマネの内容とは?

千鳥、EXILEの「Lovers Again」を真剣に熱唱

イベントの前半終了間近に「東京からのスペシャルゲストです!」との紹介で流れてきたのはEXILE「Lovers Agin」のイントロ。お笑いライブとはいえ、最近はアーティストとのコラボも多いので一瞬期待してしまいます。しかし、会場はすぐに爆笑に早変わり!登場したのは千鳥だったのです。そして、何を間違ったのか、フルコーラスだったのです。ここで観客の笑い声もだんだん変化してきたようです。

本物とは似ても似つかないなんて言うレベルのモノマネではなく、音痴極まりない!2人の熱唱がフルコーラスで披露されたのです。本人たちが至って真剣なのがまた痛々しい・・・。小藪は、リハーサルの段階でこの天才的な音痴のハーモニーを目の当たりにして我慢できずに、みんなに披露したというわけなんです。笑いにしたくて音痴を披露したわけではなく、真剣にモノマネしたかったようなのです。グダグダは計算ではなかったようです。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。