GENERATIONSデビュー前の夢者修行を振り返る!

現在、熱く全国ツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2015 “GENERATION EX”」真っ最中のGENERATIONS from EXILE TRIBE。すっかり大人気となりスターの仲間入り!といったところですが、デビューまでの道のりはなかなかハードなものがありました。

デビュー前の夢者修行などを中心に、GENERATIONSが華々しく表舞台に出てくるまでの軌跡をまとめてみたいと思います。

GENERATIONS前に受けたオーディションでは・・・

いまやファンの間では「王子」なんてニックネームで呼ばれているイケメンボーカリスト片寄涼太。

トントン拍子でデビューしたに違いない!なんて思われてしまいがちですが、実は、オーディション敗退という経歴の持ち主なんです。なんと中学生の時に、三代目JSBのオーディションに参加し、ファイナリストにまでなっているのですが、そのときは不合格となってしまいます。

そのとき同じくファイナリストとなったのが登坂くん。今でもお互いをライバルと認めている、いい関係であることはよく知られています。

GENERATIONSの美しいハーモニーを生み出す2人は


(出典:YouTube)

片寄涼太と数原龍友。2人の歌声が生み出すハーモニーにメロメロになるファン続出ですが、片寄涼太とともにメインのボーカルをつとめる数原龍友も実は、VOCAL BATTLE AUDITION 2 でファイナリストとなったものの、デビューには届かなかった経験を持っています

ファイナリストまでになる実力があっても、なかなかデビューに至らないのが、この世界の厳しさというところなのでしょう。

しかし、その悔しさをバネに、結果、今のようにデビューしてツアーをしてとなっていったということは、GENERATIONSになるべき運命だったのかもしれません。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。