爆笑必至!EXILEメンバーによるエグジェネ語録がヤバい

EXILEにとって初の冠テレビ番組となったのが、「EXILE GENERATION」、通称「エグジェネ」です。そんなエグジェネには、メンバーたちによる爆笑必至の語録がいくつも登場!そこで今回は、珠玉のエグジェネ語録をご紹介していきます!

面白すぎたあのエグジェネ語録を振り返る!

歌番組は勿論、バラエティにドラマにと大活躍中のEXILE。そんなEXILEにとって初の冠テレビ番組となったのが、「EXILE GENERATION」、通称「エグジェネ」です。

2009年1月から2010年3月までの約1年間、普段はあまり垣間見ることのができない、EXILEの素の部分が楽しめた、とっても貴重な番組でした。

そんなエグジェネには、メンバーたちによる爆笑必至の語録がいくつも登場!ライブではあんなにかっこいいメンバーたちの脱力感半端ない名言の数々は、他ではなかなか見られないものばかりです。

そこで今回は、珠玉のエグジェネ語録をご紹介していきます!

爆笑必至!EXILEメンバーによるエグジェネ語録1

これ、ちょっと違ったか…」by 眞木大輔

メンバー全員が集まって真面目に色々と語っていた今回。

TAKAHIROさんが自分の人生を変えた曲として、EXILEオーディションの自由曲で披露した「運命のヒト」を挙げ、その思い入れを熱く語っていると、マキダイさんが「EXILEにとってTAKAHIROが運命のヒトだったりするよね…」と突然言い放ちます。

しかし、周りはポカーン状態。それをすぐに察したマキダイさんによる一言が上の語録です。

上手いこと言おうとして張りきったのが裏目に出たパターンでしたね。でも、他のメンバーからは「違わない」と優しくフォローされており、メンバー間の結束が感じられた瞬間でもありました。

爆笑必至!EXILEメンバーによるエグジェネ語録2

オレ、Gです!」by AKIRA

これは、エグジェネの中で語られたAKIRAさんに関する天然エピソードです。

ある日、新幹線に乗ることになったEXILEの面々。それぞれの座席列にはA、B、C、Dと座席番号が割り当てられているので、新幹線のチケットを見ながら、自分の座席を探すことに…。

お互いに座席のアルファベットを確認し合っていたのですが、そこへAKIRAさんがこの語録を発したのですが…。このGというのは、グリーン車であることを示すもので、座席番号ではないのです。それをAKIRAさんは何も疑わずに発表してしまったのです。

まさにAKIRAさんの憎めない性格がよーくわかる語録ですよね。他にも、乳しぼり体験を行った際には、登場した牛に対して「男の子ですか?女の子ですか?」と聞いちゃったり…。AKIRAさん、可愛すぎます!

爆笑必至!EXILEメンバーによるエグジェネ語録3

これだけなんですけど…」by 黒木啓司

細かすぎるモノマネをさせたらピカイチの関根勤さんを招いての回でのこと。

我らがKEIJIさんが満を持して登場するや、WBCでのイチローの真似をすると豪語!独特なフォームでものまねのしやすいイチローですが、果たして彼のモノマネは…?バットを構えたっきり、全然動こうとしません。スタジオ内に危うい沈黙が流れますが、そこに追い打ちをかけるように、黒木啓司さんが言い放ったのが、この名言でした。

「これだけなんですけど…」

そう、彼はイチローの「目線」の真似をしていたんです!細かすぎます!

爆笑必至!EXILEメンバーによるエグジェネ語録4

オレ四級!!」by ATSUSHI

この日は、書道八段の腕前を持つTAKAHIROさんが「ヤバい」と書いた掛け軸を披露してくれました。それに対し、マキダイさんから「ATSUSHIもうまいよね?」と振られ、「何段?」と聞かれた時に出た、とってもおちゃめな一言がこちらです。

普段のクールな感じと違う、子供っぽい言い方に思わずグっときちゃいましたよね!

EXILEの他のオススメ記事

エグジェネ語録以上の名言がEXILEライブで聞けるかも!?


(出典:pixabay)

いかがでしたか?EXILEのライブでは、名言が生で聴けるかも?ぜひチェックしてみてくださいね。

みんなのコメント
  1. さとみ より:

    EXILEのことがよくわかって、最初からファンだった私もさらにすきになれました
    かっこいいです✨

  2. さとみ より:

    EXILEのことがよくわかって、最初からファンだった私もさらにすきになれました
    かっこいいです✨
    だいすきです❤️
    一生ついていきます

  3. かおり☆ より:

    AKIRAさんの天然なとこ大好きです☆最高です(人*´∀`)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。