響け!ユーフォニアムとは、架空の高校の吹奏楽部を題材とした小説、アニメ、コミックのことである。著者である武田綾乃が、自身の小中学校の吹奏楽部での経験をベースに書き上げたこの物語は、吹奏楽を頑張る生徒たちの姿や、その中で見え隠れしてくる人間関係の複雑さ、さらには舞台である京都の名所やイベントなどが描かれており、想像力豊かに様々な観点から楽しむことができる作品となっている。京都アニメーションで製作し、「涼宮ハルヒの憂鬱」などを手かげた石原立矢がメガホンをとったアニメでは、黒沢ともよや朝井彩加、豊田萌絵などが声を務め、人気作品となった。話や作品に広がりを見せる作品の今後に目が離せない。

響けユーフォニアムの日程

239人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

響けユーフォニアムの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

響けユーフォニアムのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

響け!ユーフォニアムとは

響け!ユーフォニアムについて

響け!ユーフォニアムとは、宝島社文庫から出版されている小説、及びそれを原作としたアニメ、コミックのことである。

武田綾乃によって2012年に発表された小説「今日、きみと息をする。」の続編となるこの小説は、2013年の刊行後に反響を呼び、2014年12月にコミカライズ、2015年4月にテレビアニメ化された。舞台は、著者武田綾乃の出身地である京都府宇治市。かつて吹奏楽の強豪校であった京都府立北宇治高校は、現在すっかり落ちぶれていたが、主人公の黄前久美子は友達の誘いに断りきれずに吹奏楽部に入部することとなる。金管楽器の一つであるユーフォニアムを小学校から7年続けてきた久美子は、唯一のコントラバス奏者の川島緑輝(かわしまさふぁいあ)や、吹奏楽未経験の加藤葉月とともに低音パートに配属され、思春期に起こりうる様々な衝動や葛藤などを経て、大人になっていく。

本編はそれぞれ、「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」や「北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏」「北宇治高校吹奏楽部、最大の危機」など、内容がパートごとに分けられており、その中で人間関係や心の揺れ動きを詳述に書いている。また、京都の名所や行事が散りばめられているところも本作の特徴だ。様々なコンテンツになった人気作品は、今後も見逃せない。

響けユーフォニアムが好きな方はこんなチケットもおすすめ