ET-KING えびす巡業 出稼ぎ篇取扱中!ET-KING(イーティーキング)は、1999年に大阪で結成し、2006年にメジャー・でビューをしたJ-POP6人のユニットである。2006年7月、1stシングル「ドーナッツ/夏大盛り」リリース、2007年2月、3rdシングル「愛しい人へ」は、デジタル・ダウンロード件数100万件を記録し、ヒットした。以降順調に活動するが、結成15年を迎えた2014年、「充電期間」として活動休止を宣言する。最終公演「ET-KING 結成15周年記念全国ツアー ~おまえとおったらおもろいわ!~」を最後に活動中止したが、2015年7月、活動中止から1年2ヶ月を経て、新生ET-KINGとして再出発した。以後は精力的に活動をし、2017年8月「カンパイKOBE2017」、同年8月、「a-nation 2017」に出演、同年12月、「ET-KnING えびす巡業 出稼ぎ篇」開催など、今後の活動から目が離せない。

ET-KING えびす巡業 出稼ぎ篇

293人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ET-KINGのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 12:00更新)

ET-KINGについて

ET-KINGの魅力とは

ET-KINGは1999年、イトキン、TENN、KLUTCHの3人で結成されたボーカルユニットである。バンドの活動予定だったが、3人がヴォーカル担当を希望した為、ユニットとして活動を開始した。以後センコウ、BUCCI、DJ BOOBYが加入、2003年頃にコシバKENが加入し、7人のユニットとして活動。ユニット名の由来は、外国人がたまたまメンバーの「イトキン」の名前を聞いた際、「What? ET-KING?」と返してきたことから名付けられた。ライブでは全員ハッピを姿で行われ、2005年、イベント「流派NIGHT」でグランプリを受賞した。同年12月頃からメンバー全員での共同生活を開始(現在は別々に生活)し、2008年、TVアニメ「ヤッターマン」の主題歌「ヤッターマンの歌」をカバー、2014年最終公演で活動を休止、同年9月MC担当のTENNが逝去、残ったメンバーで悲しみを乗り越え、2015年7月、6人で再出発した。

彼らは自分たちのスタジオを完成させ、レーベルも設立、2015年10月、シングル「喝采」をリリース、6人となって初めてのこのシングルは、楽曲制作を進める上で出てくる複雑な想いを胸に制作を進め、ジャケットは敢えて白と黒のモノトーン調で作成し、真っ白な状態からの彼らの再出発を表したという。止まることのない勢いで活動するET-KINGに今後も注目したい。さあ、彼らのサウンドを体感しに行こう!

ET-KING (イーティーキング)が好きな方はこんなチケットもおすすめ