エリック・ベネイはアメリカ合衆国のウィスコンシン州出身のシンガーソングライターである。父の影響で幼い頃からクラシック音楽を聴き、3歳にしてStevie Wonderに感銘を受けたという。高校卒業後には、姉といとこの3人でベネイというグループを結成し、1992年にデビューを飾ったが、その後解散。1994年には、ワーナー・ブラザーズ・レコードと契約し、1996年にはソロデビューを果たした。2000年にはグラミー賞にノミネートし、ブラックソウルの神様とも言われる、アースウィンド&ファイアの30周年記念CDのレコーディングにも参加した。親日家で、何度も来日しており、2011年には日本への復興支援のため尽力してくれた。2005年頃からは、コンスタントにアルバムを発表しており、スピリチュアルな歌詞と温かみのあるボイスが調和したハイクオリティーな作品を世に送り出している。

エリックベネイ(Eric Benet)の日程

5人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

エリックベネイについて

エリックベネイの魅力とは

1996年に「ture to myself」で衝撃のソロデビューを果たしたのち、1999年には人気ドラマビバリーヒルズ青春白書の最終回でタニアと出演し、「spend my life with you」を歌った。そして、全米R&Bシングルチャート1位に輝き、ロングランヒット曲となった。 2001年には女優のハル・ベリーと結婚しており、同年には「グリッターきらめきの向こうに」で映画にも出演し、俳優としても活躍している。

2008年に発売されたlove&lifeのアルバム内にあったシングル曲you are the only oneは、R&Bヒップホップソングチャートで、4週連続全米トップ1を記録し、2009年にはグラミー賞R&B最優秀男性歌手賞、アルバム賞の2部門にノミネートされた。この年は、2度の来日があった。2010年にリリースした「SometimesI cry」は全米R&Bチャート1を独走し、この曲が収録されたアルバム「Lost in time」もミリオンを記録した。 2011年にはジョーダン・ハウスを立ち上げ、このレーベルからシングルやアルバムをリリースしている。2013年にはK-Popグループ、ブラウンアイドガールズのアルバム作成にプロデューサーとして加わり、韓国国内で初登場1を獲得した。 全米のみならず日本や韓国、ヨーロッパの各国々を股にかけ、世界的に活躍している。

エリックベネイ(Eric Benet)が好きな方はこんなチケットもおすすめ