ENTH(エンス)は名古屋拠点に活動をする3ピースメロディックバンド。2013年4月に1stミニアルバム「Get Started Together」でデビューを果たした。このアルバムは無名の新人ながら約2,000枚の売り上げを記録。彼らのサウンドは疾走感に溢れ、ボーカルに重なるようなメンバーのコーラスや掛け声で独自の世界を繰り広げている。完成度も評価も高いアルバムとなった。2016年には「YON FES」、「DEADPOP FESTIVAL」、2017年には「FREEDOM NAGOYA」、「VIVA LA ROCK」などといった大型フェスへも多数出演し、彼らならではのサウンドを広めてきた。2017年7月にはアルバム「HENT」をリリース。同年7月から10月まで、このアルバムを引っ提げて「ENTH DOHENTAI TOUR 2017」を開催。勢いが止まらない彼らから今後も目が離せない。

ENTH(エンス)の日程

227人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ENTHのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 12:00更新)

ENTHについて

ENTHの魅力とは

ENTH(エンス)は、名古屋次世代メロディックパンクシーンの大本命として注目を集める3ピースバンド。メンバーは、daipon ( Vo./Ba.) 、Naoki (L-R Gt./Cho.)、takumi( Dr./Cho.)の3人である。2014年4月 には2ndミニアルバム「Never Let Go」をリリース。リリースツアーは、チケットがソールドアウトするという人気ぶりを見せた。年末には盟友EVERLONGと2マンライブを開催し、こちらも大盛況で終えた。2015年の元旦に2,000枚限定シングル「Before Sunrise」をリリースすれば即完売。同年7月には3rdミニアルバム「Entheogen」をリリースした。リリースツアーを開催し、ファイナルは会場をファンが埋め尽くし、灼熱のライブで会場全体が盛り上がった。

2016年の4月には、初めてのワンマンライブを開催。チケットは即ソールドアウトという圧倒的な人気で話題に。順調な活動をしていた彼らだが、このワンマンライブを最後に前任ドラマーが脱退。同年5月にはtakumiが加わり新体制で活動をスタートさせる。勢いは以前と変わらず留まることを知らずに精力的に活動。楽曲センスやライブパフォーマンスの高さが注目されており、今後期待されるバンドだ。

ENTH(エンス)が好きな方はこんなチケットもおすすめ