アンサンブルウィーンベルリンは、1983年に当時のウィーンとベルリンの楽団に所属していた演奏家が集まり結成された5人組のアンサンブル。その当時、あまりの演奏力の高さと存在感により「スーパーアンサンブルの誕生」とまで言われ世界を驚異の渦に巻き込んだ伝説的な演奏家集団。2013年には30周年となりながら今だ一線で活動し続け、2015年には来日公演を行い大盛況の中幕を閉じる。その2年後の2017年にも来日が決定し、全国を周りながら色褪せない世界的アンサンブルの演奏を披露。活動から30年以上が経ちメンバーも入れ替わりを見せているが、同時にレパートリーにも様々な変化を与えており、同じアンサンブルでありながら常に新鮮な存在感を放つ希有な存在となっている。

アンサンブルウィーンベルリンの日程

6人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アンサンブルウィーンベルリンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/19 18:00更新)

アンサンブルウィーンベルリンについて

アンサンブルウィーンベルリンの魅力とは

アンサンブルウィーンベルリンとは、世界最高峰のソリストが集結し結成されたアンサンブルのこと。木管五重奏団として1983年から活動を開始。当時彼らが所属していた楽団の首席が中心となった楽団でありその実力は折り紙付きであった。そのため結成からすぐに息を合わせることにも成功し、トップレベルへと登ることは難しいことではなかった。五重奏団として活動しながら時には当時の世界的な有名女優と共演を果たすなど、常に大きな話題を作り出し同時に音楽活動も活発化していた。

コンサートをはじめ、20枚にもおよぶアルバムを発表。結成10周年となる時には彼らの映画が製作されるなどの影響力を見せ1990年代を代表する楽団とも呼べる存在感を放つ。まさに全てが世界的であり、世界的な音楽家と共演したり世界的な音楽祭へ出演したりと世界中でコンサートをおこない実力と同時に知名度もトップクラスにまで登りつめる。「フィレンツェ音楽祭」や「ロベレート・モーツァルト音楽祭」に出演。日本でも北海道にて開催された音楽祭に出演するなど国内での人気もずば抜けて高い。現在では既にオリジナルのメンバーはいなくなっているが、かつての創設メンバーの意思を継いだ伝統的な活動は今後もしっかりと守り続けられていく。

アンサンブルウィーンベルリンが好きな方はこんなチケットもおすすめ