6代目三遊亭円楽とは、半世紀以上続いている人気長寿番組「笑点」において、インテリ、腹黒、友達いないキャラで人気を博している落語家のことである。本名が會 泰通(あいやすみち)である彼は、6代目圓生にもらった「三遊亭楽太郎」の名で活動を始め、2010年に6代目三遊亭円楽を襲名。40年出演している「笑点」を始めとるす落語活動だけでなく、テレビドラマにラジオ、映画にCM、さらには本の出版、2006年には代々木アニメーション学院の学院長に就任するなど様々な場所で活躍している。2008年には女子大生が選ぶ「イケメンらくご家グランプリ」でグランプリを受賞するなど、芸のみならず見た目も愛されている理由の一つであるようだ。

三遊亭円楽の日程

295人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

三遊亭円楽のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/20 18:00更新)

三遊亭円楽とは

三遊亭円楽について

6代目三遊亭円楽とは、2010年に襲名した落語家であり、旧名「三遊亭楽太郎」のことである。師匠は5代目三遊亭圓楽、旧名「三遊亭全生」である。日本テレビ系列で放送されている人気長寿番組「笑点」の大喜利メンバーで、薄紫の色紋付を着用していることでおなじみだ。

彼の落語人生が始まったのは、青山学院大学に在学中の1970年のことだった。先代のカバン持ちのアルバイトを務めていた彼が先代の目に止まり、スカウトされ落語界の門戸を叩いた。彼の毒づきながらも愛のある芸風が人気を呼び、あっという間に1976年には二つ目へ昇進、1977年には笑点への出演が決まり、1981年には落語家として最も身分の高い真打へと昇進した。そして還暦を迎える2010年、晴れて明治時代から続く三遊亭円楽の6代目を襲名することとなった。

落語界の騒動やプライベートな問題などを経て、なお人気があるのはやはりその人柄や芸風が人々から愛されているからだろう。不倫問題への釈明会見を見事笑いの場に変えた彼の力量にはやはり目を見張るものがある。「博多・天神落語まつり」という落語イベントをプロデュースするなど、落語界の牽引者として活躍する彼の今後にますます目が話せない

三遊亭円楽が好きな方はこんなチケットもおすすめ