エルサレム交響楽団は1930年後半に設立されたオーケストラである。元々はパレスチナ放送の専属オーケストラとして活動しており、1948年に国立放送交響楽団となった。1970年代に現在のイスラエル放送協会エルサレム交響楽団となっており、歴史あるユダヤのオーケストラとして世界で知られている。これまでに東京都交響楽団の音楽監督も務めたガリー・ベルティーニ、Improvisation Chamber EnsembleやCenter for Creative and Performing Artsを創設したルーカス・フォス、クーセヴィツキー賞を受賞し、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団やフランクフルト放送交響楽団などの指揮も務めたロレンス・フォスターなどが常任指揮者を担当。エルサレム交響楽団は2016年に初来日となっている。

エルサレム交響楽団の日程

14人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

エルサレム交響楽団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

エルサレム交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

エルサレム交響楽団について

エルサレム交響楽団の魅力とは

1930年後半に設立されたオーケストラ エルサレム交響楽団。
これまでに東京都交響楽団の音楽監督も務めたガリー・ベルティーニ、Improvisation Chamber EnsembleやCenter for Creative and Performing Artsを創設したルーカス・フォス、クーセヴィツキー賞を受賞し、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団やフランクフルト放送交響楽団などの指揮も務めたロレンス・フォスターなどが常任指揮者を担当している
。2006年グラミー賞の管弦楽部門最優秀賞にノミネートされたレオン・ボットスタインが名誉指揮者となっており、現在はフレデリック・シャスランが常任指揮者に就任している。ストラヴィンスキーやルビンシュタイン、メニューイン、ヨーヨー・マ、タベア・ツィンマーマンなど錚々たるソリスト達が登壇しており、正に歴史のあるオーケストラと言えるだろう。全米ツアーやヨーロッパツアーなども頻繁に開催しており、世界各国での公演を実施。
2016年には初来日し、イルミナート芸術監督兼首席指揮者の西本智実指揮の下、「マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調」、「ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104」を披露する。

エルサレム交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ