エレファントカシマシは、1981年から活動している4人組のロックバンドである。1981年に中学の同級生同士で結成され、当初は6人編成であったが、1986年から現体制のまま活動を続けている。メンバーは、ヴォーカル&ギター&ブルースハープ(ハーモニカ)担当の宮本浩次を筆頭に、ギターの石森敏行、エレクトリックベースの高緑成治、ドラムスの冨永義之からなる4人編成である。1988年にシングル「デーデ/ポリスター」および、アルバム「THE ELEPHANT KASHIMASHI」でメジャーデビューを果たすと、音楽雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」にて破格の新人衝撃のデビューの見出しで紙面に大々的に取り上げられた。

エレファントカシマシの日程

4,880人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

山口市民会館

ロームシアター京都他4会場

さいたまスーパーアリーナ

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

エレファントカシマシのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 00:00更新)

エレファントカシマシについて

エレファントカシマシの魅力とは

エレファントカシマシは、4人編成のロックバンドである。メンバーは、ヴォーカル&ギター&ブルースハープ(ハーモニカ)担当の宮本浩次、ギターの石森敏行、エレクトリックベースの高緑成治、ドラムスの冨永義之にて構成されている。1981年に結成され、1986年に中学の同級生であった宮本浩次、石森敏行、冨永義之の3人に、冨永の高校時代の同級生である高緑成治が加入し、現体制が完成した。バンド名の由来は、デヴィッドリンチ監督の映画「エレファントマン」と、音曲漫才の姉妹トリオ「かしまし娘」のインパクトと音が気に入り、遊び半分で命名されている。メジャーデビューは、1988年リリースのシングル「デーデ/ポリスター」および、アルバム「THE ELEPHANT KASHIMASHI」であり、音楽雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」にて破格の新人として大々的に取り上げられている。カリスマ性と言える楽曲と観客を魅了するライブパファーマンスに定評があり、1997年7月に発表された15作目のシングル「今宵の月のように」は80万枚を超える売り上げを記録し、江角マキコと岸谷五朗主演のフジテレビ系テレビドラマ「月の輝く夜だから」の主題歌に採用された。彼らのライブはチケット即完売となる大人気ライブだ。チケット争奪戦を勝ち抜き彼らの音楽を全身で感じてほしい!

エレファントカシマシが好きな方はこんなチケットもおすすめ