LONDON ELEKTRICITYはその名の通り、ロンドンを拠点に活動するアーティストである。LONDON ELEKTRICITYというグループのような名前が付いてはいるが、TONY COLMANのソロプロジェクトである。1999年に活動を開始した段階ではTONY COLMANとCHRIS GOSSの2人のグループだったが、2002年にGOSSが2人が創立して経営しているホスピタル・レコードの経営に集中するためにグループを離れ、実質的にCOLMANのソロ活動となった。ジャズやファンクなど幅広い要素を取り込んでいるのがLONDON ELEKTRICITYの音楽の特徴だが、特にテンポの速いドラムンベースの先駆けとして知られている。

LONDON ELEKTRICITYの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

LONDON ELEKTRICITYについて

LONDON ELEKTRICITYとは

LONDON ELEKTRICITYはTONY COLMANが手掛けるソロプロジェクトの音楽ユニットである。
1999年に活動を開始した際にはTONY COLMANとCHRIS GOSSの2人のグループだったが、2002年にGOSSがホスピタル・レコードの経営に集中するためにグループを離れてからはCOLMANのソロ活動となっている。ユニット名のLondon Elektricityはロンドンに実在する電力会社の名前に由来している。

ドラムンベースの先駆けとも言われているように、London Elektricityの楽曲の特徴はそのテンポの速いメロディーにあると言っていいだろう。ドラムンベースは現在のクラブミュージックの基幹の1つとなっており、London Elektricityの楽曲はクラブシーンで活躍する多くのミュージシャンに影響を与えている。ソロで活動するようになってからも、リアン・キャロルらをはじめ多くのミュージシャンを巻き込んで楽曲を作っているように、彼の楽曲には様々な要素が盛り込まれていることが多い。
ドラムンベースを主軸にしながらも変幻自在の音楽を作り上げていくのがLondon Elektricityのスタイルである。

LONDON ELEKTRICITYが好きな方はこんなチケットもおすすめ