文化庁映画週間は文部科学省の外局の1つで、文化の振興や国際文化交流などを図る文化庁が主催するイベントである。総合芸術、そして日本文化の海外への発信ツールとして日本映画の振興をメイン据えており、その一環としてシンポジウムの開催や記念上映会、日本映画の文化へ貢献してきた人々を顕彰している。優れた文化記録映画作品の制作者や日本映画を支えて来た功労者、この2部門に文化庁映画賞を授与する「文化庁映画賞贈呈式」。テーマを決め、監督やプロデューサーを招き開催される「シンポジウム」と「関連映画上映会」。そして文化記録映画優秀賞、文化記録映画大賞のそれぞれの受賞作品上映会が文化庁映画週間における主なプログラムとなっている。

文化庁映画週間の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

文化庁映画週間について

文化庁映画週間の魅力とは

文部科学省の外局の1つで、文化の振興や国際文化交流などを図る文化庁が主催する文化庁映画週間。
総合芸術、そして日本文化の海外への発信ツールとして日本映画の振興をメイン据える一環としてシンポジウムの開催や記念上映会、日本映画の文化へ貢献してきた人々を顕彰している。
日本映画を支えて来た功労者や、優れた文化記録映画作品の制作者を対象に文化庁映画賞を授与する「文化庁映画賞贈呈式」。テーマを決め、監督やプロデューサーを招き開催される「シンポジウム」と「関連映画上映会」。そして文化記録映画優秀賞、文化記録映画大賞のそれぞれの受賞作品上映会が主なプログラムだ。
2016年のシンポジウムテーマは「劇場アニメ最前線~君は映画を信じるか」となっており、ゲストは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」や「009 RE:CYBORG」などで知られる神山健治、ジブリの「魔女の宅急便」では演出補も務め、監督を務めた「マイマイ新子と千年の魔法」が好評を博した片渕須直、「ストリートファイターX鉄拳」など数多くのゲーム映像に携わり、「亜人」3部作や「BLAME!」などの劇場公開アニメも手掛ける瀬下寛之などとても豪華な顔ぶれとなっており、これだけでも参加の価値があるほどのイベントとなっている。

文化庁映画週間が好きな方はこんなチケットもおすすめ