YOSUKE EGUCHI LIVE REBOOT SPRING 2017取扱中!江口洋介(えぐちようすけ)は、多くの話題のドラマで主役を飾る人気俳優だ。彼は1987年に映画「湘南爆走族」で、主人公の江口洋助役に抜擢され注目を集めた。そして1990年には「東京ラブストーリー」「愛という名のもとに」といった、トレンドを捉えた現代ドラマに引っ張りだことなる。2000年以降も彼の人気は上昇の一途をたどり、医療ドラマや社会派ドラマ等、映画やドラマに欠かせない存在となった。そして今まで「恋をした夜は」「愛は愛で」などのヒット曲を手掛けてきた、彼のシンガーソングライターとしての活動も見逃せない。2017年に行われる「YOSUKE EGUCHI LIVE REBOOT WINTER 2017」は、歌手としての江口洋介を見ることのできる貴重なチャンスとなりそうだ。

YOSUKE EGUCHI LIVE REBOOT SPRING 2017

53人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

江口洋介のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/27 12:00更新)

江口洋介について

江口洋介の魅力とは

江口洋介は、1987年に映画「湘南爆走族」でデビューした俳優だ。同作で江口が扮した主人公・江口洋助は、偶然にも同性で同じ読みである。また同年には「翼をください」でテレビドラマ主演デビューを果たしている。その後は当時主流だった、男女の恋愛模様やトレンドを描いた「トレンディドラマ」の常連俳優となる。彼が出演した「東京ラブストーリー」「愛という名のもとに」などは、世間に大きな反響を及ぼすドラマとなった。また主人公の柏木達也を演じた「ひとつ屋根の下」シリーズは、フジテレビドラマ歴代最高視聴率を叩き出す大ヒットを記録している。そして1999年以降は医師役がぴたりとはまり、「救命病棟24時」や「白い巨塔」といった話題作で主役を熱演した。また映画でも「アナザヘヴン」「闇の子供たち」「GOEMON」で主演を務めており、銀幕での活躍も華々しい。2010年からは「日経スペシャル ガイアの夜明け」2代目案内人を任されるなど、その活躍は映画やドラマだけにとどまらないようだ。

俳優として不動の地位を確立している彼だが、数々のヒット曲を生み出したシンガーソングライターとしても知られている。今までに11枚のシングルと12枚のアルバムをリリースしており、音楽番組にも多く出演していた。近年は俳優としての仕事を極めるため、本格的な音楽活動はしていない。そのため稀に江口洋介が行っている単独ライブは、ファンならば見逃せないところである。

江口洋介が好きな方はこんなチケットもおすすめ