EGO-WRAPPIN(エゴラッピン)は、1996年結成の男女2人組ユニット。ジャズをベースにした独自の世界観が特徴的だ。ダークさを纏ったような妖艶さ、懐かしさをくすぐるホーンセクション、ダンスホールのようなパーティチューン、凛とした透明感のあるスローナンバーなど、ボーカルの中納良恵とギターの森雅樹が作り上げてきた多面的かつ円熟した世界は、時の流れに左右されずファンを魅了する。2016年には、結成20周年を記念して彼らならではの世界観が凝縮されたオールタイムベスト&カヴァーアルバム「ROUTE 20 HIT THE ROAD」が発売された。2017年の秋にはツアーの開催も決定。豪華なミュージシャンを迎え、普段とはまた一味違ったエゴラッピンが待っていることだろう。幅広く活躍する彼らの情熱的なサウンドを体感したい。

エゴラッピン(EGO-WRAPPIN)の日程

1,501人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

エゴラッピンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 18:00更新)

EGO-WRAPPINについて

EGO-WRAPPINの魅力とは

1996年に大阪で結成されたユニットEGO-WRAPPIN。ボーカルの中納良恵とギターの森 雅樹の2人が、ジャズや昭和歌謡などさまざまなジャンルをクロスオーバーさせて独自のサウンドを築き活動している。1998年、ファーストアルバム「BLUE SPEAKER」でデビュー。2000年にリリースされた「色彩のブルース」が独自の世界観を築きあげた名曲としてとして異例のロングヒットとなり知名度を高めた。以降、作品ごとに魅せられる斬新な音楽性で、常に注目を集めている希なアーティストとして人気を確立。

その後、ドラマの主題歌として楽曲をリリースするなどバンドとして活躍を続け、全国ツアーは若者を中心にたくさんの人がチケットを買い求めるようになった。CMソングなどで楽曲が多く起用されるようになるとライブのチケットの人気はさらに高まり、上海では日本代表としてイベントに参加するなど積極的なライブ活動が続いている。2010年には新レーベルを立ち上げ幅広い活躍を見せてきた。

以降も精力的に活動し、2016年にはエゴ盤ベスト「ROUTE 20 HIT THE ROAD」鉄板3枚組をリリースした。このアルバムは、彼らならではの世界観が凝縮された「〜広々と広がる青空と陽射しの下、月明かりにむせぶ喧騒の夜に、満天の星を望む大自然の中で〜」3枚組で、野外で聴く「太陽盤」、屋内で聴く「月盤」、エゴ流カヴァー「星盤」で収録されており、素晴らしい大作となっている。

彼らのサウンドは、我々が生きる時代の感覚を敏感に反映し自由な雰囲気と熱い情熱が込められている。音楽と真摯に向き合い、 ジャンルに関係なく聴き手に音楽の本当の楽しみ方を教えてくれるようだ。

エゴラッピン(EGO-WRAPPIN)が好きな方はこんなチケットもおすすめ