「江戸川区花火大会」は、毎年8月に東京都江戸川区と千葉県市川市で共同開催で行われる花火大会である。遠隔操作での打ち上げで、きめの細かい演出が特徴的な花火大会だ。打ち上げ総数は約14,000発で、次から次へと変わる演出に多くの観客が魅了されており、別名「エキサイティング花火」と呼ばれるほど華やかだ。2009年には人手数139万人を記録し、観客動員数日本一に輝いた。江戸川河川敷が打ち上げ場所となっているため、その周辺で花火を観る観客がほとんどだが、申し込みを行えば、指定観覧水域であれば船から花火大会を観覧することができる。毎年、多くの観客で賑わっている迫力満点の「江戸川区花火大会」から、今後も目が離せない。

江戸川区花火大会の日程

34人が登録中

現在登録されている公演はありません

あと8日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

江戸川区花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

江戸川区花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/17 18:00更新)

江戸川区花火大会について

江戸川区花火大会の魅力とは

「江戸川区花火大会」のプログラムは、8つの異なるテーマで構成されており、それぞれのテーマに合ったBGMに乗せて花火を打ち上げる。2017年開催の「第42回 江戸川区花火大会」は、「満開!江戸川大輪花!」、「白銀の富士」、「キラキラ☆夏色アンサンブル」、「CRASH×CRASH!」、「Let It Bee ダッシュ!~自由気ままに駆け回れ~」、「神秘の楽園 ~ムラサキの癒し~」、「イエローマジック!!」、「GOOD LUCK ~希望の虹~」のプログラムで構成されている。その中でも特に魅力的なのは、「満開!江戸川大輪花!」。オープニングは、なんと、5秒間に1,000発も打ち上げられる迫力のある演出。そこから約75分の間、様々な色鮮やかな花火が夜空を彩る。

江戸川河川敷や船以外にも、篠崎公園、総武線陸橋下、行徳会場、江戸川河川敷総武線陸橋付近からの観覧がおすすめだ。篠崎公園は会場からも近く敷地も広いため、場所取りがしやすいというメリットがある。特におすすめなのは、総武線陸橋下。花火がよく見える上に、あまり人に知られていないスポットだ。行徳会場や江戸川河川敷総武線陸橋付近は、会場から少し距離が離れるが観客数も少なめのため、ゆっくり楽しみたいという方にぴったりだ。

江戸川区花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ