エコーズとは、1981年に結成し、1991年に1度解散した伝説のロックバンドである。メンバーは、小説家や作家としての活動も行っているボーカル&ギターの辻 仁成、ギターの伊藤浩樹、ベースの伊黒俊彦、ドラムの今川 勉の4人によって構成されている。彼らの音楽は、1980年代のJ−Rockシーンには珍しくニューウェーブの要素を取り入れた楽曲が話題となった。また、歌詞もいじめや家庭崩壊、コミュニケーションの変化といった社会問題をテーマにしており、他のバンドとは違う、唯一無二の存在感を見せつけている。そんなエコーズは、1991年の解散の後、東日本大震災をきっかけに再び活動を再開している。彼らの革新的なサウンドと、突き刺すような歌詞を、是非生で聴いていただいきたいものだ。

エコーズ(ECHOES)の日程

162人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

エコーズの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

エコーズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

エコーズとは

エコーズの魅力について

エコーズ(ECHOES)とは、1981年にボーカル&ギターの辻 仁成、ギターの伊藤浩樹、ベースの伊黒俊彦、ドラムの今川 勉によって結成されたロックバンドである。
元々のメンバーであった辻と今川に加わる形で、オーディションに勝ち上がった伊藤、伊黒の2人がバンドに加入した。
彼らの奏でるサウンドは、当時他の日本のバンドにはまだなかったポストモダンを含むニュー・ウェーブ(元来はパンク・ロックの意)の要素を取り入れており、革新的で時代の最先端をいくものだった。こういったものは辻が意図的に取り入れており、自分たちの音楽が世間に波紋を広げるように、との願いが込められバンド名の「エコーズ」がつけらた。
また、単なる音としてだけでなく、その裏にはいじめや家庭崩壊などに対する強いメッセージ性も含まれた歌詞が話題となった。
人気が加速していく中、1991年に突如解散を発表したが、東日本大震災後に徐々に活動を再開している。
ボーカルの辻 仁成(1959年10月4日生まれ、東京都日野市出身)は、ミュージシャンのほか、作家や映画監督など、様々な文化の場で活躍をするというマルチな才能を持っている。そんな彼の本業としての音楽を、是非会場で堪能してみてはいかがだろうか。

エコーズ(ECHOES)が好きな方はこんなチケットもおすすめ