任侠野郎は日本のやくざ映画。徳永清考が監督を務め、漫画家・タレントの蛭子能収が主演する。蛭子能収が演じるのは、以前は関東一円にその名を轟かせていた小里組元若頭、柴田源治だ。今は堅気になってクレープ屋をしている柴田源治だが、昔の仲間に偶然再会し自分が騙されて殺人を犯したことを知ったことで抗争に巻き込まれていく。任侠野郎は蛭子能収が主題歌を担当したこと、EXILEのメンバーでありドン ドラキュラでも主演を務めた橘ケンチが出演する点も注目されている。蛭子能収の周囲を固めるのは柳楽優弥、トリンドル玲奈、安田顕、大谷亮介、中尾明慶、やべきょうすけ、橋本マナミ、北原里英(NGT48)、大悟(千鳥)、佐藤二朗と豪華な面々だ。公開は2016年6月4日、4月21日から24日まで沖縄県内で開催される第8回沖縄国際映画祭、「島ぜんぶでおーきな祭」への出品と舞台挨拶が予定されている。

蛭子能収の日程

13人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

蛭子能収の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

蛭子能収のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

任侠野郎 について

任侠野郎 の魅力とは

任侠野郎は2016年6月4日から公開される日本のやくざ映画。どうしても蛭子能収主演で撮りたかったという徳永清考監督のラブコールから始まった作品だ。蛭子能収が演じる柴田源治は、元・小里組若頭だ。親分の仇を取るために正岡組組長を殺して刑務所に入った源治だったが、出所してからはクレープ屋を営んでいた。ところが昔の仲間に偶然再会し、本当の仇は別人であること、自分が騙されていたことを知る。組長の娘、時子に申し訳ないと思いつつも堅気のままで生きようとする源治であったが、源治を騙した榊組は正岡組に乗っ取りをかけてきて次第に抗争に巻き込まれていってしまう…。

蛭子能収は重要な場面で使われる挿入歌「任侠野郎」も歌っている。EXILEの橘ケンチが出演する点も注目されており、蛭子能収の脇を固めるのは柳楽優弥、トリンドル玲奈、安田顕、大谷亮介、中尾明慶、やべきょうすけ、橋本マナミ、北原里英(NGT48)、大悟(千鳥)、佐藤二朗と豪華なメンバーだ。

一般公開は2016年6月4日だが、その前に4月21日から24日まで沖縄県内で開催される第8回沖縄国際映画祭、「島ぜんぶでおーきな祭」への出品と舞台挨拶が予定されている。

蛭子能収が好きな方はこんなチケットもおすすめ