東日本学校吹奏楽大会取扱中!「東日本学校吹奏楽大会」は、2001年よりおこなわれている吹奏楽のコンクール。主催は北海道、東北、東関東、西関東、東京都、北陸吹奏楽連盟で、毎年主管支部を交代でおこなっている。それぞれの吹奏楽連盟で、各都道府県や支部でおこなわれるコンクールの予選を勝ち抜いた吹奏楽部が出場することができる。小学校・中学校・高等学校の3部門に分かれている。2010年までは、さらにコンクール部門とフェスティバル部門に分かれていたが、2011年からはコンクール部門1本となった。「東日本学校吹奏楽大会」に出場できる人数は、支部によって異なるが原則30名まで。課題曲はなく、自由曲を7分以内で演奏する必要がある。吹奏楽の頂点を決める「東日本学校吹奏楽大会」から、今後も目が離せない。

東日本学校吹奏楽大会

58人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

東日本学校吹奏楽大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東日本学校吹奏楽大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/23 18:00更新)

東日本学校吹奏楽大会について

東日本学校吹奏楽大会

「東日本学校吹奏楽大会」の魅力は、レベルの高い学生による演奏を聴くことができること、子どもたちのコンクールに対する熱い想いを肌で感じることができることである。また、3年連続出場した団体は次年度の大会への出場が認められないという「東日本学校吹奏楽大会」独自のルールから毎年顔ぶれも若干異なるため、新たな発見や刺激を受けることができる。

同大会が設立された背景には、近年の少子化が大きく影響している。もともと大編成部門の全国大会に見合う大会がなかったということも関係しているが、少子化によって吹奏楽の小編成化が進み、大編成部門のコンクールへの出場が難しい学校が増えているのだ。その他にもさまざまな要因が影響し、小編成部門への参加団体が増えるという現象が。そのため、小編成部門におけるトップクラスの大会設置を求める声が高まり、「東日本学校吹奏楽大会」が設置されることとなった。年々、参加する連盟も増えており、今後より一層の活発化が期待できる。

少しでも興味のある方は、ぜひ「東日本学校吹奏楽大会」を一度ご覧になってはいかがだろうか。部活に打ち込んだ青春の日々を思い出し、胸が熱くなるに違いない。

東日本学校吹奏楽大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ