EAFF(東アジアサッカー連盟)とは日本を含めた東アジアのいくつかの国が連携し、サッカーの発展、発信を行っていくために設立された連盟である。日本をはじめ中国やグアムなど10か国の地域が加盟しており、東アジアカップやU-14フェスティバルなど数々の大会を企画・運営している。当地域におけるサッカーの発展などを目的とした活動となっているが、本来はこれまで西アジアに比べて勢いが劣る東アジアを盛り上げる為という意図もある。そのため本連盟は他の連盟とは違い独立した連盟として稼働しており、それにより世界におけるサッカーの発展を可能にしている。2017年にはEAFF主催の大会「EAFF E-1 サッカー選手権2017」決勝大会が日本にて開催。東アジアにてトップを決める戦いであり、東アジアからサッカーの勢いを発信する大事な大会となっている。

EAFF(東アジアサッカー連盟)の日程

374人が登録中

現在登録されている公演はありません

あと8日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

EAFFの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

EAFFのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/17 12:00更新)

EAFF(東アジアサッカー連盟)について

EAFF(東アジアサッカー連盟)の魅力とは

EAFF(東アジアサッカー連盟)とは東アジア10か国が加盟しているサッカーの発展を目的とした国際サッカー連盟直属の連盟。日本をはじめ、中国、チャイニーズ・タイペイ、グアム、香港、北朝鮮、韓国、マカオ、モンゴル、北マリアナ諸島が加盟。一時期モンゴルなどが資格停止に追い込まれたこともあるがその後復活を果たしている。本連盟を象徴する大会「E-1」など様々な活動を行っており、いずれも東アジアから世界へとサッカーの面白さを発信し続けている。連盟が設立されたのは2002年、日本国内でもサッカー界の世代交代が行われつつあるその頃から世界に目を向けた最高峰のパフォーマンスを行うべく作られた。当時8か国が同時に加盟の意向を見せ、違った地域ながら同じ想いの中サッカーの発展に尽力するべく力を合わせた。連盟の初代会長は日本から当時の日本サッカー協会会長、岡野俊一郎に決まり以降その都度各国が会長を務めながらサッカーの歴史に残る活動を行っていく。2013年にはさらなる広がりを見せるべくオーストラリアがゲストとして大会にのみ参戦。2017年をもって設立から15年が経ち、ますます勢いを高めるEAFFをはじめとするサッカー界。さらに盛り上げを見せるため、そしてさらなるレベルアップの為活動は続く。

EAFF(東アジアサッカー連盟)が好きな方はこんなチケットもおすすめ