Dance with Devils(ダンデビ)は、2015年10月から放送されているアニメ作品だ。本作では四皇學園に通う高校2年生・立華リツカが、615年に1度の満月の夜に真価を発揮するという謎に包まれた魔導書「禁断のグリモワール」を巡るアクマ、ヴァンパイア、エクソシストの争いに巻き込まれていく姿が描かれる。アニメ版では茜屋日海夏、斉藤壮馬羽多野 渉、近藤 隆、木村昴、平川大輔、鈴木達央らが出演し、瞬く間に人気に火がついた。そして2016年12月には、大好評となったに舞台化1作目に続き「Dance with Devils〜D.C.(ダ・カーポ)〜」が上演された。出演は、神永圭佑、萩尾圭志、内藤大希など注目の俳優陣。ビジュアル、歌唱力ともに注目の作品となっており、ファンならば必見の舞台となった。

Dance with Devils(ダンデビ)の日程

746人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Dance with Devilsのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/23 06:00更新)

Dance with Devilsについて

Dance with Devilsの魅力とは

Dance with Devils(ダンデビ)とは、女性向けコンテンツを制作する「Rejet」、音楽制作グループ「Elements Garden」、エイベックス・ピクチャーズの3社による共同プロジェクト作品である。本作の主人公は、名門の四皇學園に通う高校2年生の立華リツカだ。平和に生活をしていた彼女だったが、ある日生徒会長の鉤貫レムに呼び出される。そうしてリツカは生徒会が集まる「第三図書館」で、彼らと不思議な出会いを果たしたのであった。しかしその日を境に、次第にリツカは謎に包まれた魔導書「 禁断のグリモワール」を巡る、アクマ、ヴァンパイア、エクソシストの争いに巻き込まれていく…!

2015年10月からはアニメが放映され、ミュージカル仕立てという珍しい構成で観るものを驚かせた。そしてアニメ版で声の出演を担ったのは茜屋日海夏(立華リツカ役)、斉藤壮馬(鉤貫レム役)、羽多野 渉(立華リンド役)ら、人気声優たちである。豪華声優の出演によって一層鮮やかに描かれた本作は、女性を中心としてさらに人気が爆発する。このように人気作品としての地位を高めていった本作は、2016年には舞台化もされている。舞台版では魅力的な男性キャラクターたちを、神永圭佑、萩尾圭志、内藤大希ら期待の若手俳優が演じるとあって要注目だ。

Dance with Devils(ダンデビ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ