ドランクドラゴンは人力舎所属のお笑い芸人である。ツッコミ担当の鈴木 拓、ボケ担当の塚地武雅の2人が人力車のお笑い養成所JCAの同期として出会い結成された。ジャッキー・チェンの映画「ドランクモンキー 酔拳」とブルース・リーの「燃えよドラゴン」を組み合わせたドランクドラゴンは、元々塚地が他のメンバーと組んでいたコンビで鈴木は2番目の相方ということになる。ブレイクのきっかけはキングコング、ロバート、北陽、インパルスと共に出演したフジテレビ系列の深夜番組「はねるのとびら」。この番組が人気番組となりその後の足がかりとなった。そしてドランクドラゴンはネタ番組への出演やドラマ出演、CDデビューなど活動の場を広げ現在に至っている。

ドランクドラゴンの日程

16人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ドランクドラゴンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

ドランクドラゴンについて

ドランクドラゴンの魅力とは

「はねるのとびら」などで一躍人気者となったドランクドラゴンはこの番組中2人のギャラが完全折半であったことは度々自身でもネタにし、割と有名な話である。

当時ドラマなど多方面で活躍していた塚地武雅が圧倒的に稼ぐ一方、相方の鈴木 拓はほとんど仕事がなく、事務所から本来の給料は1/6だと通達されたことがあるという。
実際本人も自分の子供は7歳~8歳くらいまで相方のお金で育てられたと公言している。番組の打ち切りと共にこの折半も鈴木からの申し出により終わった。

鈴木はこれを機に炎上を肥やしに仕事に繋げるという自身のプロモーションを始め、今ではドラマや映画出演CMなど単独での仕事も多く、多方面で活躍している。

元々芸達者であった塚地は俳優として注目を浴びるようになり江國香織原作の「間宮兄弟」では佐々木蔵之介とW主演を果たしている。その後芦屋雁之助でお馴染みの「裸の大将」で山下 清役に抜擢され役者としてのキャリアを着実に積んでいる。

塚地は人や音に色が関連付けられる「共感覚」という感覚の持ち主と言われており山下 清に通じるものがあるのかも知れない。
ドランクドラゴンは現在2人ともに芸能界で活躍する真の売れっ子コンビと言える。

ドランクドラゴンが好きな方はこんなチケットもおすすめ