DRUM TAO(ドラムタオ)は、1993年に結成された和太鼓演奏グループである。愛知県で結成され、1995年に大分県竹田市に移動し、現在も同地区を拠点に活動している。音楽や舞台美術、衣装など自らが制作し、独自の世界を創り「世界で通用するエンターテイメント」という目標を掲げ、日本が誇る太鼓を世界中に発信している集団である。また、2010年には博多一風堂を運営する力の源カンパニーと共同でコラボショップを国内外に展開するなど、幅の広いエンターテイメントを提供している。さらに2012年には、世界的ファッションデザイナーであるコシノジュンコとタッグを組み、モードとエンターテイメントを融合させ、唯一無二のエンターテイメントブランドを構築している。

DRUM TAO(ドラムタオ)の日程

439人が登録中

すべての公演 出品中 (69) リクエスト中 (2)

もっと見る(60件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

DRUM TAOのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/26 06:00更新)

DRUM TAO(ドラムタオ)について

DRUM TAO(ドラムタオ)の魅力とは

DRUM TAOは大分県竹田市を拠点に、世界を股にかけて活躍する和太鼓演奏集団である。1993年に愛知県小牧市で結成され、1995年に活動の場を大分県竹田市に移すと「世界で通用するエンターテイメント」を作り上げるべく活動を開始した。当初は100万枚のチケットセールスを目標に掲げ、それを7年半かけて実行すると、2004年にはスコットランドの芸術祭「エディンバラフェスティバルフリンジ」に初参加し、海外展開を視野に入れた活動を始めた。以降、ドイツや台北に始まり、北米やアジアツアーを成功させ、世界各地でワールドツアーを行うほどに成長し、世界の「TAO」として幅広く認知されるようになった。また究極のエンターテイメントを求め、2010年には博多一風堂を運営する力の源カンパニーと共同でコラボショップを国内外に展開している。そのほかにも世界的ファッションデザイナーであるコシノジュンコとタッグを組み、2012年から「JUNKO KOSHINO×TAO」を始動させ、モードとエンターテイメントを融合し新たな世界観を創造している。これまでに全世界22カ国、400都市で公演を行なっており、日本人なら1度は見ておくべき公演の1つであると言えるだろう。

DRUM TAO(ドラムタオ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ