ドレスコーズとは2012年にシングル「Trash」にてデビュー、当初はロックバンドとして活動していたが2014年からはボーカル志磨遼平のソロプロジェクトとして活動を続ける。バンド結成はデビューとなる2012年、翌2013年には全国ツアーを開催し、同年発表された2枚目のシングルは人気テレビアニメのテーマソングに起用されるなど勢いのあるスタートを見せる。以降もアルバム発売からツアーの開催など順調な活動を見せるも2014年にボーカル志磨以外のメンバー全員が脱退、それを機にソロプロジェクトへと転向する。ソロとなった後も精力的な活動は続き、2016年からは俳優としても活動を開始するなど人気の高さを示している。音楽活動はもちろん2017年にはツアーのグッズなどを展示した特別イベントも開催。幅広く展開する1人のアーティストとして高い人気を見せている。

ドレスコーズ の日程

371人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ドレスコーズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/21 06:00更新)

ドレスコーズについて

ドレスコーズの魅力とは

ドレスコーズとはロックバンドとしてデビュー、後にソロとして音楽活動から俳優活動まで幅広く展開する人気アーティスト。2014年以降はライブ活動、楽曲発表の度にサポートメンバーが入れ替わるという常に新しい表情を見せる新時代のアーティストとして人気を博しており、音楽性の高さなど全てにおいてアーティスティックな面を持つ生粋のアーティストである。もともと2003年から2011年まで「毛皮のマリーズ」という名でロックバンドとして活躍していた志磨遼平。彼がそのバンドを解散したのを機に結成されたのが本バンドであり、兼ねてからアーティストであり文筆家としての一面も持っていた。楽曲制作はほとんど全てを自身で手掛けており、彼の才能を見込んでか多くの場所から彼を支持する声が聞こえている。その都度新たな試みとして様々な活動を展開しており、ソロプロジェクトとして活動を開始してからは以前よりも個性の光る活動を見せている。2015年にはバックバンドを全員女性とした活動、同年には1曲ごとにメンバーチェンジを行ったアルバムの制作、2016年からは映画出演、映画テーマソングの制作など留まる所を知らない個性溢れる活躍を見せる。1人のアーティストとして並々ならぬ存在感を漂わせ異彩を放つ彼、センスの塊とも言える彼の活動は今後も個性溢れる展開となる。

ドレスコーズ が好きな方はこんなチケットもおすすめ