日清食品ドリームテニスARIAKE取扱中!ドリームテニスARIAKEは、2011年から始まった、新旧の名プレーヤーが出場するエキシビションマッチイベント。2017年で7回目を迎えるこのイベントは東日本大震災のチャリティーとして始まり、今回でついにファイナルとなる。2017年11月に「日清食品ドリームテニスARIAKE」が有明コロシアムで開催される。出場選手は新旧の著名選手が登場。現役選手としては、大坂なおみやダニエル太郎、車いすテニスから上地結衣らが出場。レジェンドからは、松岡修造、マイケル・チャン、伊達公子など、数名の選手が参加。スペシャルゲストとして錦織圭が登場。この模様は改修間近の有明コロシアムから生中継される。選手たちの会場を熱気に包む熱い試合に注目したい。

日清食品ドリームテニスARIAKE

1,033人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

日清食品ドリームテニスARIAKEのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 00:00更新)

ドリームテニスARIAKEについて

ドリームテニスARIAKEの魅力とは

日本テニス界を牽引する選手や、往年の名プレーヤーが競演するエキシビションマッチのドリームテニスARIAKE。2016年の「日清食品ドリームテニスARIAKE」は、日本の誇る錦織圭が元世界1位のアンディ・ロディックと対戦するとあって、日本国民が注目した試合であった。対戦相手のロディックは現役時代に最速249.4キロを記録したサーブは健在であり、錦織は 1球1球に会場全体がどよめくほどのエースを次々と決められ押されて展開。3度のブレークを許して3ー8の大差で敗れたという結果だった。

2017年の出場選手の大坂なおみは2017年の全米オープンテニス1回戦で2016年の女王アンジェリック・ケルバーに勝利する大金星を挙げた女子テニスで注目度の高い選手、ダニエル太郎は成長著しい日本男子テニス界期待の選手、車いすテニスからの上地結衣は女子シングルス世界ランキング1位の選手。レジェンドからの出場選手の伊達公子は2017年のジャパンウイメンズオープンで引退した選手、松岡修造は、1995年のウィンブルドンでベスト8に進出した記録の持つ選手、マイケル・チャンは、錦織のコーチで1989年全仏オープンの覇者という豪華な選手揃いである。ファイナルに相応しい素晴らしい選手たちが熱いプレーを繰り広げ、目が離せられない試合となるだろう。

ドリームテニスARIAKEが好きな方はこんなチケットもおすすめ