プロ野球ドラフト会議とは、新人選手との契約交渉権を各プロ野球球団に振り分けるための会議のことである。一般社団法人日本野球機構が主催するこの会議は、10月と11月に行われ毎年世間を大きく賑わせている。ドラフト会議では規約に基づき、日本プロ野球の球団に入団したことがない選手のみが対象となる。ここで決められるのは選手との「交渉権」だ。そのため期限内に選手契約が交わされない場合は、契約交渉件は無効となる。しかし「プロ野球ドラフト会議」は選手にとって将来を決める大イベントであり、プロ野球球団にとってもこの先のチームに関わる重要な会議である。2016年も期待を集める優秀な選手が多く、白熱した会議となることは想像に難くない。

プロ野球ドラフト会議の日程

122人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

プロ野球ドラフト会議の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

プロ野球ドラフト会議のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

プロ野球ドラフト会議について

プロ野球ドラフト会議の魅力とは

全国から多くの注目が集まる「プロ野球ドラフト会議」は、毎年10月と11月に行なわれている。主催しているのは一般社団法人日本野球機構で、新人選手との契約交渉権を各球団に振り分けるための会議である。各プロ野球球団が新人選手と交渉するためには、まずこのドラフト会議で交渉権を取得する必要がある。ドラフト会議の1巡目は、指名したい選手名を全球団が同時に提出する「入札抽選」方式で行われる。単独指名だった場合はその球団が権利を取得でき、重複した場合は抽選となる。これは全球団が確定するまで行われる。

また指名順を決定する際に用いられる「球団順位の逆順」とは、リーグ最下位の球団を第1番として、他方のリーグ最下位球団を第2番として定めていく方式だ。ドラフトの2巡目からはこの「球団順位の逆順」で行われ、第3巡目は「球団順位」で行われる。ドラフト会議が終了するのは、全球団が選択終了となるか、選択された選手が120名に達した場合だ。またこの会議によって得られるのは選手との「交渉権」であり、入団を確約するものではない。期限はドラフト会議の翌年3月までであり、その期間までに選手契約ができなければ無効となる。選手と各球団の想いが入り混じる「プロ野球ドラフト会議」は、今年も大きな注目を集めるに違いない。

プロ野球ドラフト会議が好きな方はこんなチケットもおすすめ