暗黙取扱中!ダブルブッキングは、1998年から活動しているお笑いコンビ。メンバーは、ボケ担当の川元文太と、ツッコミ担当の黒田俊幸の2人である。所属事務所はホリプロコム。結成は1998年となっており、同時期に結成されたお笑いユニットにはインパルスロバートなどがいる。披露するネタはコント専門。持ちネタは主に川元が担当しており、単独ライブなどでは黒田が担当したショートコントが披露される。全体としてシュールなボケと少しブラックな内容が特徴。2004年から単独ライブを開催しており、2017年には5月に単独ライブ「AUDITION 審査」が開催されている。今後の活躍が楽しみなコンビだ。

暗黙

4人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ダブルブッキングについて

ダブルブッキングの魅力とは

ダブルブッキングは、ボケ担当の川元文太とツッコミ担当の黒田俊幸からなる、ホリプロコム所属のお笑いコンビ。1998年に結成され、同年9月に開催された「ホリプロほりおこしライヴ」で晴れてデビューを果たしている。

1974年12月24日生まれの鹿児島県出水市出身の川元文太は、ネタの執筆を担当。かなりの毒舌として知られ、ネタにもその要素がふんだんに盛り込まれている。また、日本テレビ系で放送されていたバラエティ番組「進ぬ!電波少年」で、120cm×120cm×120cmの鉄製の箱に入り、鹿児島からおよそ1,500Km離れた東京まで箱を押してもらう電波少年的箱男としても活躍した。一方相方の黒田俊幸は、1975年9月14日生まれの茨城県つくば市出身。白縁のメガネと派手な衣装が特徴で、ネタ作りでは構成を調整する担当となっている。2人の出会いはアルバイト先のカラオケボックス。コンビ名の由来はカラオケの歌本を適当に開けた箇所に記載されていた、郷ひろみの曲名から来ている。2008年からTBS主催の「キングオブコント」に毎年出場。2015年から2017年まで3年連続で準決勝に進出している。

ダブルブッキングが好きな方はこんなチケットもおすすめ