演劇女子部は、モーニング娘。’17などといったハロー!プロジェクトに所属するアイドルたちによる演劇プロジェクト。アイドルグループだけではなくその研修生も参加している。男子禁制であるため、男性役もハロプロメンバーが演じることになる。竹宮惠子の1974~1976年の作品「ファラオの墓」や萩尾望都原作「11人いる!」の続編「続・11人いる!東の地平・西の永遠」、くらもちふさこ原作「α-アルファ」を原案とした「TRIANGLE トライアングル」など全てモーニング娘。’17が主演を務め舞台作品として演じている。原作漫画のある舞台作品であり、ハロープロジェクトのアイドルが男役まで演じることによって多くの注目を集めている。

演劇女子部の日程

979人が登録中

すべての公演 出品中 (137) リクエスト中 (16)

もっと見る(55件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

演劇女子部のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 06:00更新)

演劇女子部について

演劇女子部の魅力とは

ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループたちの演技が見られる演劇女子部。このプロジェクトの舞台作品では、これまで主にモーニング娘。’17が主演を務めてきた。しかし他のアイドルグループたちが主演の作品や研修生が主役を務める回などもあるので、ハロプロのファンならば観に行って損はないだろう。そういった、アイドルとしての顔とは別に、真剣に芝居に取り組む姿を拝める数少ない機会でもある。

このプロジェクトによって演じられる作品は視点を変えた2通りの劇が用意されている。2015年にはくらもちふさこの漫画作品「α-アルファ-」を原案とした「TRIANGLE-トライアングル-」は「α」と「β」の2パターンが上演された。2016年に萩尾望都原作漫画「11人いる!」の続編「続・11人いる!東の地平・西の永遠」は「ウエスト」と「イースト」の2パターンで、2017年には竹宮惠子原作漫画「ファラオの墓」を「太陽の神殿編」と「砂漠の月編」の2パターンが用意されていた。2017年10月には「夢見るテレビジョン」や「僕たち可憐な少年合唱団」、11月にも公演が予定されている。ハロプロアイドルが好きであれば、どれも必見の作品である。

演劇女子部が好きな方はこんなチケットもおすすめ