ドラえもんは、藤子・F・不二雄による漫画作品。22世紀の遥か未来からタイムマシーンでやってきたネコ型ロボット・ドラえもんと何をやらせても出来の良くない野比のび太の日常を描いた作品である。漫画を原作にしたテレビアニメは30年以上に渡って放送されている長寿番組となり、毎年春には映画ドラえもんとなって公開されるなど日本を代表する作品の一つとされている。また、日本だけでなく外国でも知名度が高く、アジアを中心に世界中で高い人気を誇っている。ドラえもんの映画や舞台、イベントの開催については多角的にアンテナを張っておきたいところだ。今後、どんな風に日本中を楽しませてくれるのだろうか。世界で愛される名作・ドラえもんに注目しよう。

ドラえもんの日程

256人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

映画ドラえもんの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

映画ドラえもんのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/28 06:00更新)

「ドラえもん」について

ドラえもんの魅力とは

「ドラえもん」は、藤子・F・不二雄による漫画作品で1969年に連載が開始されて以来、国民から圧倒的な支持を得ている作品の一つである。海外でも東アジアや東南アジアを中心に広く知られている。テレビアニメは30年以上に渡って放送されており、今もなお老若男女に関わらずお茶の間に親しまれている。また、漫画やアニメだけでなく、映画も毎年春に公開しており、2013年に公開された「ドラえもんのび太のひみつの道具博物館」では邦画史上初となるシリーズ累計動員1億人を突破した。

ドラえもんのストーリについて

作品は、何をやってもドジばかりの少年野比のび太とネコ型ロボットドラえもんの日常生活を描いたストーリーになっている。ある日、22世紀からのび太の子孫であるセワシとドラえもんが現れ「このままだと未来の子孫たちは将来のび太の作る多額の借金に苦しむ」と告げる。こうしてのび太は、未来を変えるために来た世話係のドラえもんと暮らすようになるのだった。のび太はドラえもんが四次元ポケットから出してくれる道具に頼りながらも、失敗し反省し学んでいき、そして仲間とともに成長していく。

ドラえもんは、世代を超えて笑いと感動をもたらしてくれる、日本を代表する作品であることは誰もが認めるであろう。

ドラえもんが好きな方はこんなチケットもおすすめ