DISGRACED(ディスグレイスト)の舞台とは、ニューヨークやロンドンで上演され衝撃を残したアヤド・アフタルの舞台作品。今作品は2013年にピュリッツァー賞を受賞し、その後2015年トニー賞ベストプレイ賞にもノミネートされている。日本のキャストは小日向文世・秋山菜津子・安田 顕(TEAM NACS)など。舞台は現代のアメリカ。パキスタン系アメリカ人の弁護士アミールと、その妻で白人の芸術家エミリーは不自由のない生活をしていた。ある日ユダヤ人のアイザックと黒人のジョリーの4人で行ったホームパーティ。しかし信仰と社会政治の言葉をきっかけに、予期せぬ方向へ展開していく。「人間の本質」とは何かを考えさせられる衝撃作だ。

DISGRACED(ディスグレイスト)の日程

192人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

DISGRACEDの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

DISGRACEDのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

DISGRACEDについて

DISGRACEDの魅力とは

ピュリッツァー賞受賞、トニー賞ベストプレイ賞にもノミネートを記録した話題作「DISGRACED」。この「ディスグレイスト」という単語の意味は、「辱める・地位や名誉などを失わせる」というもの。異なるルーツを持つ4人の会話から、「人間の本質」を描く作品である。

アミール役には大河ドラマ「真田丸」豊臣秀吉役の小日向文世、エミリー役は第22回読売演劇大賞で最優秀女優賞を受賞した秋山菜津子、アイザック役は演劇ユニットTEAM NACSの安田 顕、ジョリー役はNHK大河ドラマ「春日局」でデビューを飾った小島 聖が担当する。そして物語のキーパーソンとなるエイブ役には、劇団プレステージ所属 平埜生成が扮する。

舞台は現代のアメリカ。優秀な弁護士アミール(パキスタン系アメリカ人)、アミールの妻で画家エミリー(白人)、エミリーを援助する画商のアイザック(ユダヤ人)、アイザックの妻でアミールの同僚の弁護士ジョリー(黒人)という、異なる背景を持つ4人が揃ったホームパーティ。誰もが成功を掴んだと思っていたが、彼らの人生の歯車は思わぬ方向に進んでいた…。ついに現代アメリカの人種・宗教問題をテーマとした話題作が日本上陸!

DISGRACED(ディスグレイスト)が好きな方はこんなチケットもおすすめ